屋根リフォーム.com ブログ

  1. TOP
  2. 屋根リフォーム.com ブログ
2020.06.23

屋根クラック補修⚡🔧

屋根クラック補修⚡🔧
  • 屋根クラック補修⚡🔧
施工内容
クラック補修⚡🔧
皆さま、こんにちは。

今回は、屋根のクラック補修塗装の現場からです。

写真のようにスレート材に
クラック ( ひび割れ ) が
起ってしまっています。

今回の補修は
シーリング材を充填して
補修を行いました。
シーリング材を充填したままでは
目立ってしまうため
同類色の塗料でタッチアップを
行い補修完了です。

クラックが貫通している場合は
雨が内部に侵入してしまいます。

雨が降るたび
長い期間かけて水が内部に侵入し
防水シートを腐らせてしまいます。

早めに補修を行い内部への水の侵入を
防ぐことが大切です。


なぜ屋根材を部分交換しないのか
というとスレート材は
新築時に軒先側から釘で固定し
頂上に向かって張り重ねていきます。

割れている部分を撤去しても
途中から新しい屋根材を差して
釘を打って
固定することが出来ません。

釘を打つには
その部分より上部の屋根材を
すべて撤去しなければなりません。

費用も高額で
大掛かりな工事になってしまうため
新しい屋根材をシーリングで
接着して固定することになります。

シーリングで接着してしまうと
屋根材の下側の入った水の流れを
止めてしまう事になり
雨漏りのリスクが高くなります。

割れたスレート材は撤去せずに
割れているところだけを
シーリングで補修したほうが
より雨漏りのリスクが少ない
補修方法となっております。

屋根の不具合は下から見るだけでは
なかなか確認できない部分に
なります。
定期的に屋根の点検をし
クラックがないか
確認することが大切です。



☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.06.22

屋根板金工事🔧✨

屋根板金工事🔧✨
  • 屋根板金工事🔧✨

屋根の板金工事です

皆さま、こんにちは。

今回は、屋根板金工事の現場から
お届けいたします。

板金とは
薄くて平たく形成された金属のことで
それを加工して使うことです。

今回の場合には、
🔷既存の屋根を取り除きます
 ↓
🔷防水の為ルーフィングを張ります
 ↓
🔷新しい金属屋根を葺きます
 ↓
🔷工事完了です


葺き替えた方がいいか
既存屋根を活かした方がいいかは
野地板が傷んでいるか
どうかで判断することが多いです。
野地板が傷んでいる所を
踏むとフカフカするので
すぐわかります。
野地板が傷んでいる場合は
葺き替えをオススメいたします。


昔は金属屋根といえば
トタン屋根でしたが
トタン屋根は
耐久性に乏しく
音や断熱性の問題もあり
主要な屋根材にはなりませんでした。

現在では
成型ガルバリウム鋼板や
ガルバリウム瓦棒
などが普及し屋根工事において
金属屋根は主流の屋根工事の
ひとつとして評価され
「陶器瓦屋根」と「コロニアル」
に次ぐ第三の屋根材として
評価されています。


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.06.19

屋根の現場調査は大切です✨

屋根の現場調査は大切です✨
  • 屋根の現場調査は大切です✨

屋根・現場調査🔎

皆さま、こんにちは。

今回は、屋根の現場調査からです。
写真を見ていただくと分かるように
瓦には、苔が発生しており
割れや剝がれも確認できます。

また、雨樋は
集水器から樋が外れてしまっており
雨樋の役割を果たせていない
ことも確認できます。

今回のような場合どのような対応を
ご提案できるかというと。

屋根の瓦に苔が生えるという事は
瓦の塗膜が無くなってしまっている
という事です。
苔だけならば、瓦の洗浄と再塗装で
対応することも可能ですが
今回の場合には
瓦の割れや剝がれも確認できますので
瓦の部分交換のご提案。
ですが、瓦の塗膜の状態を考えると
経年劣化が考えられますので
屋根の葺き替え工事の
ご提案も考えられます。

雨樋は
外れてしまっている箇所の
補修のご提案も可能ですが
色褪せからも経年劣化が
考えられるので雨樋交換の
ご提案も考えられます。

このようにお住まいの状態によって
必要な工事内容が異なりますので
現場調査がとても大切です。

お住まいの情報を
実際に見させて頂いて
家の大きさ、どのような劣化症状
必要な工事作業を確認します。

屋根の症状を確認して
住宅に必要な作業を見極める
というのが現場調査なのです。


屋根は、住宅やご自身を
守ってくれる大切なものですが
外壁などとは違って
普段はあまり見ることができません。

普段は見にくい部分も
入念に現場調査をすることで
ご安心していただき屋根の修理へ
進めることができます。

また、屋根はお家の中でも
太陽の光が一番当たる場所でもあり
外壁よりも紫外線や温度変化の
影響が出やすい部分なので
そういった意味でも
念入りに調べる必要があります。


最近では、屋根の現場調査に
ドローンを使う場面も増えいます。
上空のいろんな角度から
屋根の全体像を見ることができるので
大きなメリットになります。
また、屋根にあがってもらうのは
どうしても不安。という場合にも
ドローンを使うことで
屋根にあがらずに屋根の調査を
することができます。



☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.06.17

雨樋の調査🔎

雨樋の調査🔎
  • 雨樋の調査🔎

雨樋の詰まり💦

皆さま、こんにちは。

今回は、
雨樋詰まりの調査現場からです。

皆様は雨樋の役割とは
どのようなものかご存知でしょうか。
雨樋は
「お住まいが雨水の浸入で
 腐食する事を避ける」
という大切な役割があります。
雨樋がお家についていなかった場合
雨水が屋根の軒先から
外壁に直接伝わり浸入してしまい
外壁内部を腐食させてしまう
可能性があります。
腐食が進めばお住まい自体の寿命が
どんどん短くなってしまうのです。

室内に雨漏りしている形跡もない。
問題はない。といって
雨樋の詰まりなどの不具合を
放置してしまうと後に
大変な思いをすることもあります。

今回は写真の通り
雨樋に土やコケがはえており
雨樋の役割を果たせておりません。

このような場合には、
まず、溜まっている土やコケを
取り除いていきます。

次に今後また雨樋が
詰まってしまう原因になりそうな
突起物などはヤスリなどで削り
問題を無くします。

最後に水を流して
スムーズに流れれば洗浄終了です。

スムーズに水が流れない場合は
縦樋も詰まっている可能性が
あるため縦樋の洗浄も行っていきます。

雨樋の壊れる原因には
今回のように、コケや落ち葉などの
ゴミが詰まってしまっていることや
経年劣化・強風などの影響があります。
雨樋の破損が原因で
お住まいに不具合がでてしまう
こともありますので
定期的に洗浄や補修工事を
オススメいたします。



☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com

<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.06.16

金属屋根の部分補修🔧

金属屋根の部分補修🔧
  • 金属屋根の部分補修🔧
施工内容
金属屋根の部分補修🔧
皆さま、こんにちは。

今回は、金属屋根の部分補修の
現場からです。

写真の通り部分的な問題でしたので
一部交換で対応できました!

◎金属屋根のダメージ対応
 【軽度~重度】

【軽度】:部分交換工事
 屋根の一部が傷んだり
 腐食している場合
 今回のように一部分だけの交換で
 対応できます。
 住宅へのダメージや費用の面でも
 軽度です。


【軽度~中度】:塗装工事
 塗装が色褪せ
 保護する機能に衰えが
 見え始めた頃に行います。
 軽度のサビならば
 しっかりとサビ落としをした後に
 丁寧な塗装を行えば
 保護機能が蘇ります。
 サビ落とし後は汚れなどを
 高圧洗浄機で洗い流し
 下塗り、中塗り、上塗りと
 最低3回は重ね塗りを行います。
 屋根の状態によって
 サビ止め用塗料を使い分け
 最適な塗装を施します。


【中度~重度】:屋根カバー工法
 金属の傷みが激しく
 塗装では手に負えない場合
 に行う屋根のリフォームです。
 文字通り
 屋根で屋根をカバーする
 つまり今までの屋根の上に
 新しい屋根を被せる工事です。
 今までの屋根を解体しません
 ので、廃材がほとんど出ません。
 その分、工期が短くて済み、
 解体費用や廃材費処理費も
 ほぼゼロになります。
 ただし、屋根が二重になるので
 重量は増してしまいます。


【重度】:屋根葺き替え
 屋根材だけでなく
 その下の防水紙や下地まで
 劣化や腐食が進んでしまった場合
 全面的な屋根の改築が
 必要になります。
 通常、屋根材の下には
 防水紙が敷かれているため
 少々の穴では雨漏りしません。
 よって、雨漏りしはじめた時は
 既に防水紙と下地はボロボロ
 だったということもあります。
 

住宅の不具合は早めに発見し
迅速に補修できるのが望ましいです。
住宅の傷みも少なくて済みますし
軽微であればあるほど
費用もお安くなります。

不具合を早めに発見するには
定期的な点検の他
悪天候後の検査が必要です。

しかし、屋根に上るのは危険です。
台風の時などに
ご自分のお住まいの心配をされ
屋根に上ってしまい、風に煽られ
落下してしまうという事故が
毎年、発生しています。
無理せず、見える範囲でチェックし
ご不安な点がありましたら
すぐにでもご相談ください。


🔷チェックPoint!

🔹屋根材の浮きや 剥がれをチェック

金属屋根も老朽化してくると
固定している力が弱まり
浮いてしまったり
剥がれてきてしまったりします。
浮いてしまった部分や
剥がれてしまった部分は
風の影響と抵抗が増えますので
より浮き上がりやすい状態になり
最終的にはめくれあがってしまう
場合もあります。

🔹色褪せや傷、 サビをチェック

色褪せは塗装が弱ってきた状態です。
放っておくと
サビが発生してしまいます。
また、塗装が剥げてしまうような
傷も要注意です。
塗膜が取れ
剥き出しになってしまった金属は
非常にサビに弱いのです。
そこがサビの起点となり
全体に及んでしまいます。
サビは金属を脆くしますので
酷い場合には穴が開いて
雨漏りの原因になってしまいます。



☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.06.15

✨嬉しいご縁がありました✨

✨嬉しいご縁がありました✨
  • ✨嬉しいご縁がありました✨
皆さま、こんにちは。
今回は、当社にとって
嬉しいご縁があった事を
ご報告をさせていただきます。

この度、
鋸南町役場の仮設工事と
メーカー様の災害時にむけた
試作品のデモ工事の依頼を
いただけることとなりました!


このようなご依頼をいただけるのも
皆さまが
当社に心を寄せて頂き
工事にご満足いただけたからだと
感じております。

心より御礼申し上げます。


被害にあわれて
屋根裏などお家の内部で
カビが発生してしまっていないか
木材が腐ってしまっていないか
お家の寿命は縮まってしまわないか
など、毎日不安を抱えられていた
事と思います。

そのような状況で
何か少しでもお手伝いがしたい!
という当社の気持ちを
皆さまにくんでいただき
工事に携わる事ができました。

当社では、打ち合わせをする際
ご依頼者様が
少しでも自然にお話しをしてくださり
気軽にご質問いただけるような
雰囲気を大切にして参りました。


安心してお家の工事を依頼できる
工事会社として
今後も皆さまの
ご不安を取り除くお手伝いを
続けていく所存でございます。

どうぞ、
今後ともよろしくお願いいたします。


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.06.15

棟板金交換工事🔧

棟板金交換工事🔧 棟板金交換工事🔧
  • 棟板金交換工事🔧
  • 棟板金交換工事🔧
施工内容
棟板金交換工事🔧
皆さま、こんにちは。

今回は、棟板金交換工事の
現場からです。

🔹工程🔹

・棟板金撤去
古くなった棟板金を撤去します。
棟板金を外すと貫板が出てきます。

・釘穴の補修
コーキングで釘の穴を補修します。
貫板を固定していた釘の穴は
そのままにはできません。
穴が開いたままですと
そこから水分が屋内に
浸入してしまうからです。

・棟板金交換工事完了
棟板金を設置して完了となります。
棟板金を固定します。

以上で棟板金交換工事は完了です。


板金という言葉はご存知でも
お住まいのどの部分に
使われているかをご存知ない方も
多いのではないでしょうか。
家屋で板金というと
主にスレート
(カラーベスト・コロニアル)系の
屋根を留めている
金属部分のことを指します。
画像のように
屋根と屋根の面が合わさる
山状(角)の接合部分
ここを覆って雨水の浸入を防ぎ
なおかつ屋根材を固定している
金属が板金です。

この屋根と屋根の面が出会う
山状の部分を
『棟(むね)』と呼びます。
屋根の形状にもよりますが
頂上にあるものを『大棟』
その端から四隅へ対角線上に
伸びているものを『隅棟』と呼びます。
この棟に設置されている板金だから
普通は「棟板金」と呼ばれます
(単に板金とも呼ばれます)。

棟はお住まいの
最も高いところである
屋根の頂上部分(大棟)や四隅(隅棟)
にあるため
風の影響を受けやすく
強風の被害に遭いやすい部分です。
また、屋根の上という
確認しづらい場所にあるため
浮き上がってしまったり
飛んでいってしまったりしても
気付かないことが多く
いつの間にか雨漏りしていた
という被害もあります。

その原因のほとんどは
棟板金を固定している貫板
(芯木とも呼ばれる部分
板金を留めるための木材)の
腐食と劣化です。
棟板金は貫板に釘で
固定されています。
そのため、貫板が劣化してしまうと
どうしても固定する力が弱くなり
風に負けてしまうのです。

棟板金が外れてしまうと
雨漏りに繋がります。
いざという時、慌てないためにも
定期的な点検をオススメいたします。
少しでも気になる方は
是非、ご相談下さい。


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.06.12

波板交換工事🔧

波板交換工事🔧
  • 波板交換工事🔧
施工内容
ポリカ波板交換工事
皆さま、こんにちは。

今回は、ポリカ波板を使用した
波板交換工事の現場からです。


衝撃に強く、加工も簡単な
ポリカ波板。
正式には
ポリカーボネート波板
と言います!

文字通り、断面が波型の板で、
素材がポリカーボネートとなります。 

透明で裏表があるのが特徴です。
ウッドデッキや
カーポートの屋根など
あらゆるところで利用されている
ので建築関係ではない人でも
見たことがあるかと思います。


🔷🔷ポリカの特徴🔷🔷

🔷高い衝撃強度

ポリカの耐衝撃強度は
透明のプラスチック素材の中で
最高クラスです!

その強さは
ABS樹脂の5倍
PVC(ポリ塩化ビニル、塩ビ)の10倍
ポリエチレン、アクリル樹脂の50倍
同厚ガラスの約200倍

ハンマーなどで強打しても
割れることがなく
軍事目的にも使用されています。

これだけの強さがあれば
防災など安全面にもピッタリです。


🔷加工のしやすさ

これだけの強度をもちながら
ノコギリで加工が可能です。
塩ビに比べて柔軟性が高く
材料自体もとても軽いので
穴あけも問題なくできます。


🔷高い透明度

ポリカプレート5mm厚なら
光透過率85%以上。
これはガラスやアクリルと
ほぼ同程度です。

強度もあるので
航空機や幼稚園の窓など
安全が求められるような
ところでも活躍できます。


🔷すぐれた耐久性

①難燃性

火元を離せば
自然に火が消えていく自己消火性

②耐熱・耐寒性

実使用温度領域:-40℃~+120℃
真夏の強烈な日光でも
厳しい冬の寒さや雪でも
軟化したり亀裂ができにくいです。

③耐候性

長期間屋外で使っても
日光や風雨による劣化が少ない



施工してから数年以上の時間が
経過するとどうしても
問題が起きてきてしまいます。
経年劣化は波板に限らず
どの屋根材でも同様に起こるものです。

ポリカの波板屋根材が
ガタガタになったり割れなどが
起こった際には
是非、お気軽にご相談ください!



☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com

<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.06.10

雨樋の調査🔎

雨樋の調査🔎
  • 雨樋の調査🔎

縦樋外れ


皆さま、こんにちは。

今回は、雨樋の調査です。
写真を見ると分かるように
既に縦樋が外れてしまっています。

こうなると、うまく雨水を
排水できません。

雨樋を固定している金具も
変形や破損といった
被害を受けることがあり、
この場合もうまく排水できない
状態になりえるのです。

雨樋全体は複数のパーツで
構成されています。

屋根から地上まで
複数のパーツが雨水を通す
「道」を作って
適切に排水していくわけですが
雨樋が外れてしまった場合
その道が
決壊してしまっている状態です。
そうなると適切に水が流れずに
すでに雨樋がない状態と
同様になってしまいます。

日本は世界でも類を見ないくらい
四季のハッキリした国です。
また一年通して降水があります。


春の訪れを告げる春一番は
強い南寄りの風で
災害をもたらすこともあります。

梅雨
梅雨6 ~ 7 月ごろは
長い雨やくもりの日が続きます。
この時期を梅雨といいます。


かみなり雲(入道雲・積乱雲)が
発生し,発達しながら
夕方になると平地へおりてきて
夕立を降らせます。


秋の長雨とよばれる
梅雨のような天気が続くのも
秋の初めのころで10月になると
春のように 3 ~ 4 日おきに
晴れた日と天気の悪い日とが
くり返されます


日本海上でたくさんの水蒸気
をふくんで,雲をつくり
雪や雨が多くなります。

このように雨樋の使用頻度と
稼働率は高くなります。

春雨、台風、梅雨、秋雨、降雪
台風による強風、積雪による重み
などで、
雨樋は変形したり
外れてしまったりすることが
あります。

また、秋の落ち葉や土埃で
詰まってしまうこともあります。

うまく排水できない場合、
雨水が流れ出す先によっては
お住まいへの浸水といったことも
考えられます。

台風や強風の影響で
外れてしまった継手が破損などの
不具合を起こしたことが
原因で外れてしまった
天を向いている軒樋や集水器に
雪が積もり
その重さによって外れてしまう
こともあります。

台風の巨大化や
ゲリラ豪雨の頻発化など
昨今の環境変化によって
雨による被害が増加傾向にあります

本来は雨量や排水量を
考慮したうえで排水計算を行い
最適な雨樋が
取り付けられているのですが
ここ最近の異常気象による
悪天候時では
既存で設置されている雨樋では
排水が追い付かずオーバーフローを
起こしてしまい
外壁や軒天に雨がビシャビシャ
かかってしまっている
といった事が多くなってきました。

今は、
雨樋の大型化や
高排水化を
取り入れた雨樋もあります。

少しでも気になった方は
是非、ご相談ください!


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.06.09

瓦屋根の現場調査🔎

瓦屋根の現場調査🔎
  • 瓦屋根の現場調査🔎

瓦の散乱

皆さま、こんにちは。

今回は、瓦屋根の現場調査です。

写真を見ていただくと
瓦が割れてしまい
割れた瓦が散乱している
様子が分かります。

強風による
住宅被害の代表例です。

瓦の長所の一つとして
「通気性に優れる」
ことが挙げられます。

瓦は曲線を描いたような形に
なっているので
野地板との間には隙間が出来る
構造になっています。
また、すべての瓦がくっついている
わけではなく
一枚一枚が組み合わせたように
なっています。
こうなっているために
換気と通気が可能となります。

その長所の裏返しとして
「風を含みやすい」という短所も。

屋根にズレや割れがあり
固定する力が緩んでいる場合は
そこから
簡単に屋根が捲れてしまいます。

瓦自体は非常に耐久力が高い
という特長があるため
「瓦屋根は強いからメンテ不要」
と思われるのですが。
瓦屋根に利用される漆喰などの
副材は瓦ほどの耐久力がなく
メンテナンス不足で
強風被害を受けることが多いです。

瓦はとても重い屋根材で
飛ばされにくいのですが
万一飛散した場合には
その重みで人や建物に与える被害が
大きくなります。

瓦にヒビや割れが見られる場合は
すぐに修理されるべきです。
放っておくと、その見た目以上に
雨漏りや屋根材が傷む原因となります。
最悪の場合には

● 瓦のヒビや割れ目から
  雨水が瓦の下にある野地板まで
浸水してきます。

● 野地板が大量の水分により
腐食してブヨブヨになり
強度が低下します。

● 屋根の骨子である垂木にまで
雨水が達し、
こちらも腐食により弱くなります。

● 屋根全体の重みで次第に形が歪み
やがて屋根自体が崩落します。

このような最悪の事態に
ならない為にも
定期的なメンテナンスが
重要になってきます。
少しでもご不安がありましたら
是非、ご相談ください!


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山市、鋸南町、南房総市、君津市、富津市、鴨川市、木更津市、市原市、袖ケ浦市

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!