屋根リフォーム.com ブログ

  1. TOP
  2. 屋根リフォーム.com ブログ
2021.01.11

【営業日記】鋸南町勝山にて

【営業日記】鋸南町勝山にて
  • 【営業日記】鋸南町勝山にて
本日は鋸南町の勝山にお邪魔しました。
 
海沿いの街なので潮騒に包まれながらの
訪問です。
天気は曇りですが
風が落ち着いていたので多くの釣り人で
賑わっています。
富士山をバックに海へ竿を振る姿を見て
いると僕も参加したくなりますね。
 
ちなみに僕はバス釣りが好きで去年は
友達と秋田まで釣りに行きました。
バスは食べれませんが、海の魚なら
美味しくいただけますね。
 
勝山はまだブルーシートを被った家も
多いですが、そのほとんどは無人に
なっています。
近所の方の話しだと都会へ移住する人が多く
寂しくなる一方だと嘆いておられました。
 
僕も寂しがり屋なので、1人の夜はよく
枕を濡らしています笑
 
コロナ禍でみなさん大変だと思いますが
一緒に頑張りましょう!



仮設工事、塗装工事、屋根工事
樋工事、板金工事、屋根雨漏り修理

トータルリフォーム業者なら
株式会社SSH


屋根のことなら↓↓↓

屋根リフォーム.com
(運営会社:株式会社SSH)
フリーダイヤル 0120-773-743

https://yaneya-reform.com/
https://sagamihara.yaneya-reform.com/

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

<対応エリア>

相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域

館山支社
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市川市、袖ケ浦市
 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2021.01.08

屋根:のし瓦補修工事🏡🔧

屋根:のし瓦補修工事🏡🔧
  • 屋根:のし瓦補修工事🏡🔧
施工内容
屋根:のし瓦補修工事🏡🔧
皆さま、こんにちは。
 
市原市青葉台での
のし瓦の補修工事工事の現場からです。
 
「のし瓦」にズレなどの不具合が生じた
ときには、早めに修理が必要です。
 
のし瓦は屋根が山形に合わさるところの
頂上部分に重ねて設置されている瓦で
屋根のなかに雨水が侵入するのを
防いでいる重要な部材です。
のし瓦に不具合があると
雨漏りが発生しやすい状況になっている
といえます。
 
瓦屋根で屋根の頂上部分に
丸い瓦が一列に並べられているのが
「棟瓦(むねがわら)」や
「冠瓦(かんむりがわら)」です。
その下に積まれている板状の瓦を
「のし瓦」といいます。
 
屋根の下地に雨水が侵入するのを
防ぐのが瓦のおもな役割ですが
棟の接合部分にはどうしてもすき間が
できます。
そのすき間をカバーするために
面のところとは形の違う瓦が使われます。
 
下地の隙間を漆喰(しっくい)などで
埋め、その上にのし瓦を重ね
頂上を棟瓦でふたのように被せるのが
棟の基本的な構造です。
漆喰などと交互に、のし瓦を何枚も
積み重ねることで、より頑丈に
雨水の侵入を防いでいるのです。
 
◇*◇のし瓦補修工程◇*◇
 
①既存瓦撤去
 
②漆喰とのし瓦を交互に積み重ねる
 
③最後に冠瓦を施工します
 
 
弊社では、お客様により安心して
いただくため
・工事施工保証書
・工事完了証明書
・工事施工台帳
を工事完了時にお渡しさせて
いただいております。
また、半年に1度を目安に
アフターフォローにも伺わせて
いただいております。
 
少しでも気になる事がありましたら
是非、お気軽にご相談ください!



☆屋根リフォーム.comでは
 
【自慢の自社足場にて】
 
屋根の症状に合わせた工事のご提案と
 
何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)
 
お客様とご相談した上で工事を
行って参ります。
 
また、屋根調査にドローンを
活用しているため
 
ドローン画像で一緒に確認しながら
今後の補修計画を立てていただけます。
 
屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^
 
フリーダイヤル 0120-773-743
 
屋根工事、樋工事、板金工事
仮設工事、屋根雨漏り修理なら
 
屋根リフォーム.com
  
<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2021.01.07

【営業日記】木更津市ほたる野にて現場調査

【営業日記】木更津市ほたる野にて現場調査 【営業日記】木更津市ほたる野にて現場調査 【営業日記】木更津市ほたる野にて現場調査
  • 【営業日記】木更津市ほたる野にて現場調査
  • 【営業日記】木更津市ほたる野にて現場調査
  • 【営業日記】木更津市ほたる野にて現場調査
エリア
木更津市ほたる野

木更津市ほたるの地区を回らせて
いただいている時に
ご挨拶で「風が強いですね」と
お声掛けをさせていただくと
何の業者かと聞かれたので
「お困りごとはありますか?」と伺うと
屋根のご相談をいただきましたので
屋根塗装をお勧めいたしました。
 
あいさつから産まれた
現場調査の山散歩でした。




仮設工事、塗装工事、屋根工事
樋工事、板金工事、屋根雨漏り修理

トータルリフォーム業者なら
株式会社SSH


屋根のことなら↓↓↓

屋根リフォーム.com
(運営会社:株式会社SSH)
フリーダイヤル 0120-773-743

https://yaneya-reform.com/
https://sagamihara.yaneya-reform.com/

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

<対応エリア>

相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域

館山支社
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市川市、袖ケ浦市
 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2021.01.06

屋根:屋根下地施工工事🏡👷‍♂️

屋根:屋根下地施工工事🏡👷‍♂️
  • 屋根:屋根下地施工工事🏡👷‍♂️
施工内容
屋根:屋根下地施工工事🏡👷‍♂️
あけましておめでとうございます
本年も何卒よろしくお願いいたします

例年と違うお正月を過ごされたことと思いますが
笑顔で過ごせる年になりますよう
屋根リフォーム.com一同 心よりお祈り申し上げます


 
今回は木更津市矢那での
屋根葺き替え工事の現場からです。
 
屋根の下地施工工事を
ご紹介いたします。
 
◇*◇工程◇*◇
 
⓵ 既存屋根下地撤去
 
⓶ 垂木施工
  
  既存野地板に歪みが出ているので
  下地調整の為、垂木を施工します。
 
  また、水糸で次に施工する桟木の
  位置を決めます。
 
⓷ 桟木施工
 
  高さ調整の為、桟木を施工します。
 
⓸ 野地板施工
  
  新しい野地板を施工します。
 
⓹ 野地板施工2
  
  野地板の下に施工した桟木の上に
  確実に釘打ちをする為
  きちんと位置を決めています
  
⓺ ルーフィング施工
 
下地の施工ができましたので
屋根材の施工を待つばかりです。
 
どのような素敵な屋根になるのか
楽しみに待ちたいと思います☆
 
屋根材が施工されましたら
その様子もまたお届けしたいと思います。
 
 
弊社では、お客様により安心して
いただくため
・工事施工保証書
・工事完了証明書
・工事施工台帳
を工事完了時にお渡しさせて
いただいております。
また、半年に1度を目安に
アフターフォローにも伺わせて
いただいております。
 
少しでも気になる事がありましたら
是非、お気軽にご相談ください!

☆屋根リフォーム.comでは
 
【自慢の自社足場にて】
 
屋根の症状に合わせた工事のご提案と
 
何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)
 
お客様とご相談した上で工事を
行って参ります。
 
また、屋根調査にドローンを
活用しているため
 
ドローン画像で一緒に確認しながら
今後の補修計画を立てていただけます。
 
屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^
 
フリーダイヤル 0120-773-743
 
屋根工事、樋工事、板金工事
仮設工事、屋根雨漏り修理なら
 
屋根リフォーム.com
  
<対応エリア>
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!



2020.12.25

屋根:昔ながらのルーフィングについて🏘️

屋根:昔ながらのルーフィングについて🏘️
  • 屋根:昔ながらのルーフィングについて🏘️

屋根:昔ながらのルーフィングについて🏘️

皆さま、こんにちは。
 
 
今回は昔ながらのルーフィング(防水シート)
についてご紹介いたします。
 
昔ながらの住宅の屋根の葺き替え工事を
行なう時、既存の瓦をおろすと
杉皮のルーフィングに出会う事があります。
 
杉の木は自然界で何百年と生きます
そのような杉皮だからこそ耐久性に
優れており 呼吸素材でもあるので
昼夜の温度差による結露を防いでくれ
野地板をしっかり守ってくれます。
 
太陽が照りつける昼間はソリ返り
冷える夜間には杉皮のソリが納まる
24時間自動運転のように屋根下地の
通気を図ってくれています。
 
野地板も現在とは違い
板と板の間に隙間がり、小屋裏の空気が
屋根面から抜けていくので、家自体が
呼吸するようになっていました。
だから家の中で火を使っても
一酸化炭素中毒にならず
換気扇がなくても結露しなかったそうです。
 
このように素晴らしい機能を備えて
いますが
杉皮をとる職人は少なくなってきており
自然のものなのでサイズが統一されて
おらず施工しづらく、補修をする場合も
簡単ではありません。
 
現在ではアスファルト系等の防水シート
が高機能になっており工事でも
アスファルト系の防水シートの施工が
多くなっています。
 
少しでも気になる事がありましたら
是非、お気軽にご相談ください!



☆屋根リフォーム.comでは
 
【自慢の自社足場にて】
 
屋根の症状に合わせた工事のご提案と
 
何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)
 
お客様とご相談した上で工事を
行って参ります。
 
また、屋根調査にドローンを
活用しているため
 
ドローン画像で一緒に確認しながら
今後の補修計画を立てていただけます。
 
屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^
 
フリーダイヤル 0120-773-743
 
屋根工事、樋工事、板金工事
仮設工事、屋根雨漏り修理なら
 
屋根リフォーム.com
  
<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.12.23

屋根:凍害について⛄⚡

屋根:凍害について⛄⚡
  • 屋根:凍害について⛄⚡

屋根:凍害について⛄⚡

皆さま、こんにちは。

前回は冬場の屋根トラブルについて
ご紹介しました。
今回はその中で「凍害」について
お伝えいたします。

◇*◇凍害について◇*◇

住宅のおかげで、寒い冬を温かく
過ごすことができていますが
私たちにも厳しい寒さは住宅にとっても
厳しいものになります。

寒さによって起こるトラブルの一つが
「凍害」です。
豪雪地域以外では、あまり馴染みのない
トラブルですが
雪が積もらないような地域でも起こる
可能性があります。

例えば、外に設置されている水道が凍る
目安は外気温が「-4℃以下」とされています。
しかし、風が強い地域では-1℃~-2℃
でも発生する可能性があるのです。
水たまりなどに氷が張る地域ですと
「凍害」トラブルとは無縁ではありません。
実際に起こる「凍害」トラブルには
・瓦が欠ける
・漆喰が割れる
・外壁の表面が剥がれる
・クラックが大きくなる
・ブロック塀の表面が剥がれる
などがあります。
 
凍害は建材に水分が
 
 染みる【液体】…水
  ↓
 凍 る【固体】…氷
  ↓
 溶ける【液体】…水
  ↓
 蒸 発【気体】…水蒸気

 このように体積が変化する事が原因で
 起こります。
 体積が変化すると大きさが変わります。
 水の場合は
 【液体】…水 より【固体】…氷
 の方が大きくなります。

◇*◇「凍害」のメカニズム◇*◇

①建材に傷や防水性の薄い場所に
 水が染み込む
  ↓
②染み込んだ水が、氷となり膨張し
 建材の傷や塗膜の剥がれが大きくなる
  ↓
③大きくなった傷や塗膜に水が染みこむ
  ↓
④染み込んだ水が、氷となり膨張し
 建材の傷や塗膜の剥がれが更に
 大きくなる
  ↓
  ↓ ①~④繰り返す
  ↓
⑤傷がどんどん大きくなり
 ひび割れやクラックとなり
 最終的には割れや剥がれが起こる


◇*◇「凍害」を予防するためには◇*◇

🔵定期点検で劣化症状のチェックを行う

🔵適切なタイミングでメンテナンスを行う

が大切になります。

大掛かりな工事になってしまう前に
少しでも気になる事がありましたら
是非、お気軽にご相談ください!


☆屋根リフォーム.comでは
 
【自慢の自社足場にて】
 
屋根の症状に合わせた工事のご提案と
 
何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)
 
お客様とご相談した上で工事を
行って参ります。
 
また、屋根調査にドローンを
活用しているため
 
ドローン画像で一緒に確認しながら
今後の補修計画を立てていただけます。
 
屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^
 
フリーダイヤル 0120-773-743
 
屋根工事、樋工事、板金工事
仮設工事、屋根雨漏り修理なら
 
屋根リフォーム.com
  
<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.12.22

⛄冬場の屋根 注意点💡⛄

⛄冬場の屋根 注意点💡⛄
  • ⛄冬場の屋根 注意点💡⛄

⛄冬場の屋根 注意点💡⛄

皆さま、こんにちは。


冬場は雨が少なく、梅雨時期に比べて
雨漏りなど屋根のトラブルは少なく
感じるかもしれませんが
今回は寒い時期の屋根の注意点について
お伝えいたします。


◇*◇冬場の屋根 点検ポイント◇*◇

🔵雨樋

雨樋は下から見たのでは、雨樋の中が
どのような状況になっているのか
わからないため、ゴミが詰まったり
雨樋が破損したりといった理由で
雨漏りを発生してしまうことあります。

特に秋を越えると、風に飛ばされてきた
落ち葉で雨樋が詰まってしまう事が多く
なります。
他にも、屋根に積もった雪が屋根から
落下する際、雨樋の上を滑り落ちるため
雨樋を破損させてしまう事もあります。
雨樋がが割れてしまうなどすれば
下からでも確認できますが、雪の重みで
支持金具が歪んでしまい
勾配に不具合が出ている場合は
気づきにくく、最終的に雨漏りまで
発展してしまう事もあります。

🔵屋根トラブル
 
屋根に積もった雪が落下するときに
下にいる人に怪我をさせてしまう事が
あります。
豪雪地域では、雪対策がしっかりされて
いますが
降雪量もそこまで多くない地域では
対策をしていない屋根の方が多いです。
しかし、気候によっては大雪に
見舞われる事があり、雪への対策が
不十分で事故に発展する事もあります。

屋根に積もった雪は、落雪事故以外にも
落雪の際に屋根材がズレてしまうなど
屋根の雨漏り原因になることもあるので
大雪が降った際には注意が必要です。

🔵凍害

凍害の恐ろしい点は、屋根だけではなく
外壁ボードにまで被害が出る点で
寒い冬場であれば日本中どこでも
起こりうる現象です。
凍害のメカニズムは、簡単に説明すると
瓦内に含まれた水分が「凍結→溶解」を
繰り返すことによって
内部から組織を破壊してしまうものです。

この現象が起こってしまうと
瓦がボロボロになってしまい
屋根に隙間が出来て雨漏りの原因になります。
しかも、大きな物音等は一切ありません
ので、屋根の点検をしばらく行っていない
住宅では、雨漏りして初めて気付くという
ケースになってしまう事が多いです。

雨の少ない時期でも点検・メンテナンスを
オススメいたします!

冬場の屋根トラブルは
その寒さによるものや、冬場特有の雪が
積もることによって発生するものです。

繰り返しになりますが
降雪量の少ない地域でも屋根トラブルは
少なくありません。
もちろん、年に数回程度の大雪に対して
の対策で多額のお金がかかることは
負担が大きいかもしれません。

しかし、屋根トラブルで雨漏りにまで
発展してしまうと
結果的に屋根の全面リフォームが必要に
なるなど、予想外の大出費に繋る可能性
があります。

雨が少なく雨漏りの危険性が低く
感じられても
屋根の状態を点検しメンテナンスを
することが大切です。

それが結果的な屋根や住宅を長持ち
させる事に繋がります!(*´▽`*)


少しでも気になる事がありましたら
是非、お気軽にご相談ください!

☆屋根リフォーム.comでは
 
【自慢の自社足場にて】
 
屋根の症状に合わせた工事のご提案と
 
何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)
 
お客様とご相談した上で工事を
行って参ります。
 
また、屋根調査にドローンを
活用しているため
 
ドローン画像で一緒に確認しながら
今後の補修計画を立てていただけます。
 
屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^
 
フリーダイヤル 0120-773-743
 
屋根工事、樋工事、板金工事
仮設工事、屋根雨漏り修理なら
 
屋根リフォーム.com
  
<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.12.21

屋根:雪対策について「雪止め」❄️🏘️❄️

屋根:雪対策について「雪止め」❄️🏘️❄️
  • 屋根:雪対策について「雪止め」❄️🏘️❄️

屋根:雪対策について「雪止め」❄️🏘️❄️

皆さま、こんにちは。

この時期としては強い寒気が日本付近を
覆っているため、日本海側の地域では
断続的に雪が降っているようですね。

雪の予想は日本海側が中心ですが
太平洋側の地域でも油断はできません。
雪に慣れていない地域では
少しの積雪でも大きな影響を及ぼして
しまいます。

今日は屋根の「雪止め」について
ご紹介いたします。

◇*◇雪止めとは◇*◇

屋根に積もった雪がいっぺんに地面に
落ちることを防ぐために
屋根に設置する設備のことを言います。

屋根からの落雪は、思わぬ事故を
引き起こす可能性があります。

・落雪のせいで隣家の庭木の枝が折れて
 しまった

・隣家の車の屋根に落雪して一部が
 破損してしまった

・屋根の雪が通行人に落ちて濡れたり
 汚れたりケガをしてしまう

除雪しない程度の雪が積もる関東などでは
このような事故を防ぐためにも設置を
オススメいたします。

降雪が多い豪雪地帯では
雪止め設置はあまりオススメできません。
屋根に降り積もる雪が何十トンもの
重さになることもあり
雪止め金具すぐに曲がってしまったり
とどめた雪の重みにより、家全体に負荷が
かかる恐れがあります。
また、屋根の雪おろしは
雪を屋根から滑らせながら行うので
その際に雪止めが邪魔になって
うまく下に落とせなくなるからです。

雪止めをつけるには2つタイミングが
あります。

🔵先付け雪止金具
 屋根を施工する際に一緒につけて
 しまうタイプの雪止金具です。

🔵後付け雪止金具
 こちらはすでにある屋根に付ける
 タイプの雪止金具です。

◇*◇雪止め種類◇*◇

🔵アングル雪止め:瓦棒屋根
 
 屋根に取り付ける長い雪止めのための
 棒状の金具棒をアングルで連結させます。
 多くの雪を止めることが可能なため
 羽根付雪止めでは止められない場合
 などに採用されます。
 降った直後の雪はもちろん雪解け後の
 小さな落雪までキャッチします。
 雪止め金具のみだと、隙間が存在して
 しまうためこのアングルを設置します。

🔵羽根付き雪止め:瓦屋根
 
 瓦を留めるために屋根の上に
 横に張り渡した角材の桟木に
 羽根付きの雪止めを取り付けます。

 地域性を考え、適正な段数と金具を
 しっかり取り付けます。
 降った直後や雪解け初期の落雪をキャッチ。
 屋根の状況によって、雪止め金具の
 取り付け本数は変わります。

🔵扇型雪止め:スレート屋根
 
 スレートとスレートの隙間に入れて
 固定するタイプ。


少しでも気になる事がありましたら
是非、お気軽にご相談ください!


☆屋根リフォーム.comでは
 
【自慢の自社足場にて】
 
屋根の症状に合わせた工事のご提案と
 
何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)
 
お客様とご相談した上で工事を
行って参ります。
 
また、屋根調査にドローンを
活用しているため
 
ドローン画像で一緒に確認しながら
今後の補修計画を立てていただけます。
 
屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^
 
フリーダイヤル 0120-773-743
 
屋根工事、樋工事、板金工事
仮設工事、屋根雨漏り修理なら
 
屋根リフォーム.com
  
<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.12.18

バルコニー解体工事👷‍♂️⚒️

バルコニー解体工事👷‍♂️⚒️
  • バルコニー解体工事👷‍♂️⚒️
施工内容
バルコニー解体工事
皆さま、こんにちは。
 
袖ケ浦市高谷での
解体工事の現場からです。
 
今回はバルコニーを解体いたしました。
 
写真を見るとバルコニーは
劣化が進んだ状態なのが確認できます。
 
このままで使用を続けるのは
危険ですので、新しく生まれ変わる為に
まずは解体していきます。
 
ところで今回は「バルコニー」ですが
「ベランダ」という言葉も耳にするかと
思います。
 
「バルコニー」「ベランダ」言葉は違う
けれど、具体的に何が違うのかご存知でしょうか?
 
バルコニーはキレイに解体ができ
スッキリしましたので
「バルコニー」「ベランダ」の違いを
知って皆さまもスッキリいたしましょう!
 
🔵バルコニー
 
 室外の専用スペースに出たときに
 屋根がなく、解放された空間を
 定義としています。
 日本ではどちらかといえば
 一戸建て住宅に多く見られます。
 
 なお、下の階の屋根部分を利用して
 つくられた屋根のない室外スペースを
 「ルーフバルコニー」と呼びます。
 
 屋上などに設けられていることが多く 
 通常のバルコニーよりも広い空間と
 なるためテーブルなどの家具を置き
 開放的な雰囲気を楽しめると人気です。
 
🔵ベランダ
 
 室外の専用スペースに出たとき
 屋根が設けられている場合は
 ベランダとして定義されます。
 
 屋根となる部分は上階のベランダ部分
 になることが多く
 日本のマンションやアパートでは
 構造上、ベランダが備えられている
 ことが多いです。
 
言葉の意味を知ることで、工事担当者との
やり取りでも間違いが無くなります。
よろしければ記憶の片隅に留めてみてください。
 
 
弊社では、お客様により安心して
いただくため
・工事施工保証書
・工事完了証明書
・工事施工台帳
を工事完了時にお渡しさせて
いただいております。
また、半年に1度を目安に
アフターフォローにも伺わせて
いただいております。
 
少しでも気になる事がありましたら
是非、お気軽にご相談ください!

☆屋根リフォーム.comでは
 
【自慢の自社足場にて】
 
屋根の症状に合わせた工事のご提案と
 
何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)
 
お客様とご相談した上で工事を
行って参ります。
 
また、屋根調査にドローンを
活用しているため
 
ドローン画像で一緒に確認しながら
今後の補修計画を立てていただけます。
 
屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^
 
フリーダイヤル 0120-773-743
 
屋根工事、樋工事、板金工事
仮設工事、屋根雨漏り修理なら
 
屋根リフォーム.com
  
<対応エリア>
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.12.16

足場工事🏗️👷

足場工事🏗️👷
  • 足場工事🏗️👷
皆さま、こんにちは。
 
 
今回は足場がどのように出来上がるのか
ご紹介いたします。
 
1⃣事前準備
 
 ・現場の敷地大きさ・形、地盤の状態
  を確認
 
 ・障害物(架橋、隣接の塀、立木など)
  の確認
 
 ・出窓、出入口、霧除け、玄関などの
  確認

12.2murata.jpg

=面積を出す=
 
家の外周がわかれば計算できます。
足場は、家の外周よりも大きめに
建てるため、外周にプラス0.5mを目安に
増やします。
 
外周×(住宅の高さ+0.5m)
 
=必要部材の拾い出し=
 
施工する順番に材料を拾っていきます。
仕事の材料拾いができるということは
仕事の順序が分かっており
各順序における必要部材を理解している
ということにも繋がります。
 
2⃣足場工事
 
■支柱の組立 
 
 ①まずコーナー部の敷盤の上に固定した
  ジャッキベースに支柱を差しこみます。 
 
 ②支柱と支柱を手摺を用いてハンマーで
  打ち込み固定します。 
 
 ③ブラケットのサイズに合う手摺を
  内側の支柱に固定し、ます1スパン
  だけ本足場形式にします。
 
 ④次の支柱に手摺を用い、建物に
  応じたスパンを決めハンマーを
  用いて連結します。 
 
 ⑤作業床の取付位置を決め、その位置に
  ブラケットをはめ込み踏板を
  はめ込みます。 
 
 ⑥作業床から90cm(2ポケット)の
  高さに手摺をはめ込みます。 
 
 ⑦下屋部の接続を考え支柱の位置を
  設定して建てます。 
 
 ⑧内柱は2スパン毎に建てる。
  その際に出窓・霜除けなどに注意
  して建てます。 
 
 ⑨内柱は間口をさけて建てます。
 
■支柱の建込み 
 
 ・支柱のジョイント部は、同一層内に
  集まらないよう、千鳥にします。 
 
 ・シート養生する場合、風荷重を
  考慮し必要であれば支柱ジョイント時に
  ロックピンを入れておきます。
 
■手摺、ブラケット、踏板の取り付け
 
 ブラケット、足場板の受け渡し作業は
 必ず確実な合図口頭によって行ないます。
  渡す側は受け取る側をよく確認して
  から手を離す事が大切になります。
 
 ・第1層目のブラケットをハンマーで
  打ち込みます。 
 
 ・手摺の取り付けは、第1層目の踏板
  より腰の高さに手摺を取り付け
  クサビ取り付け部の補強キャップを
  手ハンマーで打ち込みます。 
 
 
🔵足場の「仮設」と「架設」の違い
 
 =仮設とは=
 
 工事現場で構造物を造るのに使用し
 完成後に撤去される期間限定の設備や
 簡易的な構造物を「仮設」といいます。
 足場に関しての「仮設」は
 「一時的な設置で、用が済んだら撤去
 してなくなるもの」という事です。
 
 =架設とは=
 
 「架設」は架けて設置することを指します。
 
 「架」という言葉は、2点の間に
 橋渡しをするという意味があり
 足場の場合では柱と柱の間に足場を
 架けるという意味になります。
 
「仮設」と「架設」との違いは
「期間を表すか行動を表すか」の違いです。
 
足場工事でいうと
「一時的に仮で設置する足場を
 架けて設置する。」
となります。
 



☆屋根リフォーム.comでは
 
【自慢の自社足場にて】
 
屋根の症状に合わせた工事のご提案と
 
何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)
 
お客様とご相談した上で工事を
行って参ります。
 
また、屋根調査にドローンを
活用しているため
 
ドローン画像で一緒に確認しながら
今後の補修計画を立てていただけます。
 
屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^
 
フリーダイヤル 0120-773-743
 
屋根工事、樋工事、板金工事
仮設工事、屋根雨漏り修理なら
 
屋根リフォーム.com
  
<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山市、鋸南町、南房総市、君津市、富津市、鴨川市、木更津市、市原市、袖ケ浦市

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!