よくある質問

  1. TOP
  2. よくある質問

よくある質問

台風で屋根がめくれて急な雨漏りが発生しました。早急に修理をお願いできますか?
ご安心ください。
台風などの自然災害は予測できないもので被害が出ると業務が止まり大変です。また戸建住宅の場合は生活に影響が起きます。すぐに対応をさせて頂きます。万が一、すぐに修理ができない場合でも応急処置を行い、業務や生活への影響を最小限度に抑えます。
また、自然災害時は火災保険が適用になりますので、修理費用負担が発生しない場合がほとんどです。合わせてご安心ください。
見積もりは無料ですか?
もちろん、無料です。
但し、調査を行わなければ見積もりができない場合は費用が若干発生する場合がございます。お気軽にご相談ください。
遠方でも見積もり可能ですか?
ご安心ください、可能です。
但し、お急ぎの場合は高速代や燃料費の実費を若干頂いております。また、図面と現状の写真(お客様が準備できる範囲で結構です)をメールや郵送でお送りして頂く事で、迅速に無料で見積もりを行うことができます。お気軽にご相談ください。
遠方ですが、工事はお願いできますか?
神奈川内はもちろんのこと、関東地方で実績がございます。
それ以外の地域でも各県タイアップしている同業者がございます。ご安心頂きご相談下さい。
カバーリング工法の工期はどのくらいかかりますか?
平均的に100~200㎡で約5日、500㎡で約1週間ほど、1,000㎡で約2週間程度となります。工事の間、業務は通常通り稼働できます。
工事車両の出入りについて、教えてください。
屋根材や部材・資材搬入や足場を組む際に、4tトラック〜大型トラック、荷上げ用のクレーン工事車両を使用します。その際、お客様の駐車場などをお借りすることがございますが、搬入時間などに関しては、事前にしっかりとお客様のご都合をお聞きし、業務に大きな影響がない範囲で行います。また、道路面に足場などが出たりする際などは、法令に基づき各種必要な申請手続きを致しますので、ご安心ください。
金属の屋根は雨音がうるさくないの?
屋根素材と雨音の騒音はあまり関係がありません。(メーカーでの測定数値もございます。)むしろ天井が有る無しで室内の音は決定します。カバーリング工法はどんな屋根材でも雨音の大幅な低減になります。また、住宅や事務所店舗等で更なる雨音低下が必要な場合は遮音材を使用します。ご安心ください。
金属屋根って、室内は暑くならないの?
大丈夫です。
よくご質問を頂きますが、実は金属屋根と瓦やスレート系屋根の裏面温度はほぼ同じです。自分達も当初は驚きましたが、測定結果で実証できています。屋根や天井の構造が影響致します。
錆びたりしないの?
基材は「鉄」ですので、サビない訳ではありません。しかし、メッキの目紛しい技術向上で長期に渡りサビを発生し難くなっております。ひと昔前の亜鉛めっき鋼板(通称トタン)より3〜6倍の耐久性があります。現在では更に高耐久鋼板の登場によって長期間サビの発生が抑えられ、耐久性が向上しています。
耐久年数はどれくらい?メンテナンスの頻度は?
少し前までは主だった鋼板の保証が10年でした。その製品でおおよそ20~30年間メンテナンスしなくても大丈夫でした。現在は鋼板の表面メッキ・塗膜の性能向上が素晴らしく、製品により25年保証にもなっています。立地条件にも左右されますがおおよそ30年前後はノーメンテナンスです。
ガルバリウムは昔のトタンと違うのですか?
メッキの種類が違いますので、昔のトタンではありません。
トタン=亜鉛めっき 
ガルバリウム鋼板=アルミ+亜鉛の合金メッキ
耐食性が全く違います。
工事費用はどれくらいかかりますか?
通常の工場の場合(約500㎡、高さ10m程度)
・カバーリング工法 ¥5,000~¥8,000/㎡
・遮熱工事はプラス¥3,000/㎡
※付帯工事費(仮設足場・運搬・経費等)別途

不明な点等、お気軽にご相談ください。
水回りや電気工事、塗装などの工事もできますか?
はい、安心してお任せ下さい。
弊社の専属専門業者とタイアップして行います。お気軽にご相談ください。
工事で出た廃棄処分の費用はかかりますか?
カバーリング工法は、既存屋根に新しく屋根を設置するので廃材は基本的に発生致しません。スレート屋根も剥がさないのでアスベスト処理も不要です。但し、雨樋交換など設備の撤去には廃棄費用が発生致します。
屋根の修理は、自分でもできるものでしょうか?
屋根の工事では、たとえそれが瓦4~5枚程度の比較的狭い範囲であっても、専門的な知識・技術がない人にとっては難しいものです。専門家ではない方が誤った修理を行うことで、かえって状況が悪くなってしまう可能性もあります。
また、屋根の修理は高所での作業となりますので、危険も伴います。そのため、屋根の修理はぜひプロの業者にご相談ください。専門業者に任せることが、屋根を安全に正しく修復し、長持ちさせるための一番の方法です。
どうしてプロの点検が必要なの?
屋根材にはいろいろな種類があり、傷み具合やトラブル箇所の特定は容易ではありません。そのため、修理と同様に点検にもプロの知識・技術が欠かせません。屋根の点検では危険も伴いますので、プロに任せるのが安心です。
工事期間中に雨が降ると、どうなりますか?
雨の中での作業は危険ですし、お客様にもご不安を与えてしまうかと思います。経験豊富な職人がお客様にご迷惑をおかけしないように判断し、ブルーシートをかけるなど、作業中の屋根の雨対策はしっかりと行いますので、ご安心ください。
工事中に留守にしても、問題はありませんか?
はい、大丈夫です。
屋根の工事では、基本的にお家の中に入らせていたくことはありません。実際に、施工中にご家族皆様が外出し、留守にされるケースも多々ありますのでご安心ください。
工事完了までには、何日くらいかかりますか?
工事内容や建物の状況、天候などによって異なります。
目安としては、一般的な大きさの戸建て住宅で当日~10日程度、屋根の大きな家屋なら2~3週間程度となります。工事完了時期についてのご要望があれば、そちらも踏まえて工事内容を検討させていただきますので、お気軽にご相談ください。
屋根のリフォームでは、どんなことをするのですか?
家屋の状況により異なりますが、屋根の葺き替え・補修・塗装などを行います。瓦だけではなく、下地などもしっかりと確認した上で、必要な作業を行います。
相見積もりを考えているのですが、お願いできますか?
もちろん、大歓迎です。
屋根工事の業者選びでは、複数の業者を比較することがコツの一つです。依頼する業者がほぼ決まっている場合でも、価格比や保証・アフターフォローのなどの付加価値の比較のために、ぜひ当社にも見積もりをご依頼ください。当社では、たとえ「相見積もりをお願いします」と言っていただいても、診断・見積もりに手を抜くことは一切ありません。
見積もりをお願いしたら、かならず工事を依頼しなければいけませんか?
当社は、お見積もりだけ、ご相談だけのお客様も大歓迎です。
もちろん工事を任せていただけるとうれしいですが、他社との比較などで当社の見積もり・診断がお客様のお役に立つこともあると考え、どのようなご相談にも親切・丁寧な対応を心がけております。しつこく工事契約を迫るようなこともございませんので、安心してご相談ください。
屋根の点検だけでもいいですか?
もちろん、大丈夫ですよ。
屋根調査書を作成しお渡しさせていただきます。全て無料でさせていただきます。
屋根点検はどのタイミングですればいいですか?
5年に一度されたほうがいいでしょう。
大雨、台風、地震後は点検を行うことをお勧めします。
瓦の寿命はどの程度ですか?
瓦の素材やお家の立地条件等にもよりますが、陶器瓦なら30年、スレート瓦なら10年、金属瓦なら10年は大丈夫です。
屋根漆喰が黒く汚れているのですが大丈夫ですか?
漆喰が黒く変色する場合、雨水が入っている可能性が高いです。一度点検をお勧めします。
訪問業者が来て、近くで工事をしているから、ついでに見てあげるといわれたのですが?
一番多い質問です。
「○○さんの家の工事をしている」「近くで工事をしているから」といった手口で訪問してくるようですが、あまり信用しない方がいいでしょう。
工事途中で工事料金が追加になることはありますか?
契約通りで進行させていただきますが、もし追加工事が必要となった場合はお客様に確認をしていただき、了解を取ってから工事を行います。
メールやFaxだけで見積もりしてもらえますか?
大体の金額をお出しすることは可能ですが、実際に屋根を見ないと確実な見積もりをお出しすることはできません。
お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山支社……館山、南房総、鋸南町、近隣地域

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!