施工事例

  1. TOP
  2. 施工事例
2020.06.15

棟板金交換工事🔧

棟板金交換工事🔧 棟板金交換工事🔧
  • 棟板金交換工事🔧
  • 棟板金交換工事🔧
施工内容
棟板金交換工事🔧
皆さま、こんにちは。

今回は、棟板金交換工事の
現場からです。

🔹工程🔹

・棟板金撤去
古くなった棟板金を撤去します。
棟板金を外すと貫板が出てきます。

・釘穴の補修
コーキングで釘の穴を補修します。
貫板を固定していた釘の穴は
そのままにはできません。
穴が開いたままですと
そこから水分が屋内に
浸入してしまうからです。

・棟板金交換工事完了
棟板金を設置して完了となります。
棟板金を固定します。

以上で棟板金交換工事は完了です。


板金という言葉はご存知でも
お住まいのどの部分に
使われているかをご存知ない方も
多いのではないでしょうか。
家屋で板金というと
主にスレート
(カラーベスト・コロニアル)系の
屋根を留めている
金属部分のことを指します。
画像のように
屋根と屋根の面が合わさる
山状(角)の接合部分
ここを覆って雨水の浸入を防ぎ
なおかつ屋根材を固定している
金属が板金です。

この屋根と屋根の面が出会う
山状の部分を
『棟(むね)』と呼びます。
屋根の形状にもよりますが
頂上にあるものを『大棟』
その端から四隅へ対角線上に
伸びているものを『隅棟』と呼びます。
この棟に設置されている板金だから
普通は「棟板金」と呼ばれます
(単に板金とも呼ばれます)。

棟はお住まいの
最も高いところである
屋根の頂上部分(大棟)や四隅(隅棟)
にあるため
風の影響を受けやすく
強風の被害に遭いやすい部分です。
また、屋根の上という
確認しづらい場所にあるため
浮き上がってしまったり
飛んでいってしまったりしても
気付かないことが多く
いつの間にか雨漏りしていた
という被害もあります。

その原因のほとんどは
棟板金を固定している貫板
(芯木とも呼ばれる部分
板金を留めるための木材)の
腐食と劣化です。
棟板金は貫板に釘で
固定されています。
そのため、貫板が劣化してしまうと
どうしても固定する力が弱くなり
風に負けてしまうのです。

棟板金が外れてしまうと
雨漏りに繋がります。
いざという時、慌てないためにも
定期的な点検をオススメいたします。
少しでも気になる方は
是非、ご相談下さい。


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.05.19

【雨とい】とても重要なのです!

【雨とい】とても重要なのです!
  • 【雨とい】とても重要なのです!
施工内容
雨とい設置工事
皆さま、こんにちは。

そろそろ梅雨が近づいてきて
雨が多くなる時期ですね。
今日は雨から住宅を守ってくれる
重要な役割のある
雨といについてです。

写真のように雨といがなくなって
水直落ちの状態は
・土台への水はねで雨水が浸入する
 外壁や基礎にひび割れがあれば
 雨水が外壁や基礎の内部まで
 浸入する可能性がある

・シロアリが発生する
 湿った木材は腐食しやすく
 湿気を好むシロアリの
 餌食になりやすい

・雨漏りの危険が高い
 雨ざらしとなる屋根と外壁の
 つなぎ目は非常に雨漏りの
 危険が高い
このようにリスクの高い状態です。

梅雨本番になる前に
ご不安がありましたら
是非ご相談ください!

ここからは
雨といの歴史についてです。

雨といがどのように普及したのか
ご存じでしょうか。
日本での雨といのはじまりは
なんと
【平安時代】
だと言われています。
意外に思われるかもしれませんが
雨といはとても歴史があるのです!

もともとは現代のように
住宅を守る・排水の役割
というより
飲料水や生活用水用に
雨水を水槽などに移す
「上水道」の役割
を果たしていたそうです。

雨といは
江戸時代まで神社仏閣を中心に
普及してきました。
当時の神社仏閣には
飛鳥時代に中国、朝鮮から伝来した
瓦が使われ
「雨水を処理する雨とい」
が必要だったと考えられます。

しかし、一般の住宅は
「草ぶき」や「かやぶき」が
ほとんどで
屋根自体が水分を吸収することや
軒先を作業場として利用する必要から
庇(ひさし)を長く張り出して
軒を深く取っていたため
雨といの必要がなかったのでしょう。

江戸時代には商業が盛んになり
江戸、大阪、京都
などを中心に人口が集中し
都市が形成されていきます。

それに伴って住宅も密集して
隣家と軒を接するようになり
・隣家の雨水が流れ込む
・雨だれが跳ね返って壁を汚す
・土台を腐らせる
といったトラブルが
起こるようになります。

密集した一般の住宅は
「かやぶき、板ぶき屋根」で
火災に弱く
ひとたび出火すれば次々と
類焼して、町中が火の海
ということがたびたび起こりました。
大火に悩んだ幕府は1720年
防火のために民家の屋根を
「瓦ぶき」にするよう
奨励しました。

また、商家では財産を
火災や盗難から守る土蔵をはじめ
経済力にものをいわせて
住宅を豪華にすることで
武士階級に対抗したため
瓦屋根でしかも
複雑な屋根構造の町家が
出現するようになりました。

このように瓦ぶき屋根が
一般的に普及するようになると
雨水の落下で
柱の根元や土台が腐ったり
傷んだりするのを防ぐため
雨といが使われるようになりました。

このような歴史から
雨といは現代まで
住宅の重要な役割を担っています。


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.05.18

屋根・庇(霧除け)の補修工事

屋根・庇(霧除け)の補修工事
  • 屋根・庇(霧除け)の補修工事
施工内容
庇(霧除け)の補修工事
皆さま、こんにちは

本日は
庇(霧除け)の補修工事です。

屋根材を外してみるとカビと腐食が
すすんでしまっていましたので
新しい下地を貼り
ルーフィング(防水紙)も
新しく貼り替えました。


庇(霧除け)とは
玄関ポーチやベランダ
窓などの開口部の上に付いている
小さな屋根のことを言います。
屋根の先端が外壁の外側まで
張り出した「軒」とは
区別して呼ばれています。

庇の役割

・雨よけ
 小雨程度であれば庇が
 出ていることで
 窓を開けっ放しにしていても
 室内へ雨水が侵入するのを
 防ぐことができます
 そのため、庇のことを
「霧除け」と呼ぶ場合もあります。

・直射日光を遮断
 庇で直射日光を遮断し
 窓を開けて風通しを
 良くすることで
 居住環境を守ります。

・汚れを防ぐ
 外壁というのは
 どうしても雨だれや埃によって
 汚れがついてしまいます。
 サッシの縁から
 黒っぽく汚れた雨染みが
 筋になって伸びてしまい
 建物の美観は
 大きく損なわれてしまいます。
 庇がついていれば
 雨だれによるサッシまわりの
 汚れや窓ガラスの汚れは
 かなり軽減されます。


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.05.14

雨どいの交換工事の現場からお届けします!

雨どいの交換工事の現場からお届けします! 雨どいの交換工事の現場からお届けします!
  • 雨どいの交換工事の現場からお届けします!
  • 雨どいの交換工事の現場からお届けします!
破損箇所
雨樋
施工内容
雨樋交換工事
皆様こんにちは^^

本日は雨どいの交換工事の現場からお届けします!


初めてご覧頂いている方に

雨どいの交換について、お話させていただきます!



☔雨どいとは

屋根などから垂れてきた雨水をそのまま地面に落とすのではなく、樋(レールのようなもの)で受けて、一か所から落とすものになります!



この雨どいは、大体プラスチック製の物が多く、日々風雨に晒され、直射日光を直に受けているため短い期間でダメージが蓄積されています。

また、雨どいという物の性質上、屋根から流れ落ちてきたものをすべて受け止めるだけにとどまらず、風に乗って飛ばされてきたものも受け止めてしまうので、どうしても劣化しやすい部分です。


本日の写真①(雨どいの交換作業中)のとおり、雨どいをささえているのは金具のみです。

この心もとない金具のみで支えられたプラスチックに、雨水だけではなく、風で飛ばされてきた枯葉や泥などが堆積していくと、まず最初に雨どいから地面に落とす部分につながる穴が塞がれます。

穴が塞がれると、行き場のなくなった雨水が雨どいに溜まり続けます。

雨の後数日間は水が溜まり続けます。



そこに風で飛ばされてきた泥などが溜まると、雨水によって泥がまとめられて固まります。

そこに追い打ちをかけるかのように苔が生えてきます。



こうなると、あの心もとない金具のみで支えられている雨どいはだんだん歪んできます。(写真②)

そうして、破損してしまうケースが多々あります。


この中で心配なことや、気になることがありましたら

お気軽にお問い合わせください^^








☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.04.24

瓦屋根 から スレート屋根 へ葺き替え工事

瓦屋根 から スレート屋根 へ葺き替え工事 瓦屋根 から スレート屋根 へ葺き替え工事
  • 瓦屋根 から スレート屋根 へ葺き替え工事
  • 瓦屋根 から スレート屋根 へ葺き替え工事
相模原本社
エリア
東京都武蔵野市
建物の種類
戸建て
破損箇所
施工内容
瓦屋根 から スレート屋根 へ葺き替え工事
皆さん、こんにちは!

なんだか不安の多い今の時期ですが、皆さまのご不安など少しでも解消できるようお手伝いをさせて頂きたいと思っておりますので
こんな時だから...と思わずに是非お問合せ下さいね。


さて、本日は和瓦屋根の住宅雨漏り、耐震性にご不安を抱えられたお客様の葺き替え工事のbefore・afterをお伝えします。

【瓦屋根 → スレート屋根】

スレート屋根とは粘土板岩を使用した板状の屋根材を何枚も張り合わせた屋根のことです。
また、日本の住宅で日本の住宅で最も採用されている屋根材です。

☆オススメPoint!
・シンプルな見た目
・豊富なカラーバリエーション
・価格の手頃さ
・軽量さ 

●特徴
 厚さ5mm程度の薄い素材のため「軽量さで減震効果を高める」ことが大きな特徴です。
 屋根を軽くする
   ↓
 建物の重量を軽く・重心を低くする
   ↓
 揺れが小さくなる!
 

今回の工事では、このような特徴をもった【スレート屋根】をご希望いただき施工させて頂きました。
少しでもお客様のご不安を取り除くお手伝いが出来たことを嬉しく思っております。

☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.04.23

神奈川県横浜市で瓦屋根の補修工事を行いました

神奈川県横浜市で瓦屋根の補修工事を行いました
  • 神奈川県横浜市で瓦屋根の補修工事を行いました
相模原本社
エリア
神奈川県横浜市
建物の種類
戸建て
破損箇所
施工内容
瓦の破損差し替え工事
神奈川県横浜市で瓦屋根の補修工事を行いました。


神奈川県横浜市のお宅に屋根工事にお伺いしました。



使用している屋根材は、瓦で、経年劣化及び自然災害により傷みがかなり進行している箇所がいくつか見受けられました。


築50年以上建たれている模様です。


所々瓦が破損し、破損した瓦の下の下地材(野地板等)が腐食、破損していました。



ここから大量の雨水が家屋に浸入し雨漏りの原因となっています。



破損した瓦を撤去し、下地を露わにします。


傷んだ下地材を撤去し、新規下地を施工後、ルーフィング(防水紙)を張り、補強板を取り付けます。


最後に代替えの瓦をステンレス釘で施工し、瓦の破損差し替え作業は完了です。





☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.04.21

瓦屋根からスタンビーの屋根へ葺き替え工事

瓦屋根からスタンビーの屋根へ葺き替え工事
  • 瓦屋根からスタンビーの屋根へ葺き替え工事
館山支社 相模原本社
建物の種類
戸建て
破損箇所
施工内容
瓦屋根からスタンビーの屋根へ葺き替え工事
皆様こんにちは!

今年の春は非常に風が強く、晴天の日のほとんどで強い風が吹いていますね。

また、新型コロナウイルスの蔓延で心配な世の中です。

人間には新型コロナウイルスが敵ですが、屋根には風が敵になります。

こちらのお宅では、強風の影響により瓦屋根の棟が倒壊してしまいました。

倒壊した棟からは棟に積み上げられている瓦が散乱し、今にも落ちそうな状態でした。


今回は、瓦屋根からスタンビーの屋根へ葺き替え工事をしていきます。


◎スタンビーとは遮熱性を付加した耐久・耐候性鋼板です。

・直立したシンプルなラインが美しく、吊子もハゼ締めもいらない成型一体型のたてひらぶき工法。

・屋根の基本機能である雨仕舞と強度、効率化と美しさを追求した屋根材。

・素早く安全に施工でき、圧倒的なコストパフォーマンスを実現。



真夏の暑い日差しにも、冬の厳しい寒さにも遮熱・断熱効果で夏は涼しく冬は暖かい住まいへ!



コロナウィルスが休息するまで、より過ごしやすい空間になったら嬉しいです。

皆様もご自愛ください^^



☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.04.20

軒先瓦、袖瓦のビス止め

軒先瓦、袖瓦のビス止め 軒先瓦、袖瓦のビス止め
  • 軒先瓦、袖瓦のビス止め
  • 軒先瓦、袖瓦のビス止め
建物の種類
戸建て
破損箇所
施工内容
軒先瓦、袖瓦のビス止め
軒先瓦、袖瓦のビス止め


◎袖瓦とは

建物の妻に付く瓦。

壁側に水が流れたり、屋根の内側に水が入ったりしないよう壁側に垂れが付いています。

袖瓦にも様々な種類があり、施工の仕方によって、見た目のイメージを変えることができます。

袖瓦は屋根の一番端にあることから、風の影響を受けやすい箇所です。

台風でも多くの住宅で袖瓦に被害がありました!



軒先瓦にはまんじゅうと呼ばれる役物瓦を使用しています。
◎軒先万十とは

屋根の一番下の1列だけに使う瓦



軒瓦 袖瓦を90mmのステンレスビスで固定します。

軒瓦はドリルで穴を開けて瓦座に固定します。

かなりの風が吹いても軒瓦がめくられる事はないでしょう。


軒先瓦の復旧完了です。



☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.04.20

瓦葺き直し工事

瓦葺き直し工事
  • 瓦葺き直し工事
建物の種類
戸建て
破損箇所
施工内容
瓦葺き直し工事
瓦葺き直し工事

瓦屋根の葺き直し工事をおこなっていきます。


調査をしたときに、屋根から下の部屋へ雨漏りしていて原因が屋根の下に葺いてある防水紙にありました。

瓦自体には若干表面に劣化は見られますが特に問題はありませんので、下地だけ直す葺き直し工事が必要になります。

下地が新しくなれば雨漏りする心配も無くなります。

瓦は何十年もの耐久性を持つ屋根材ですが、下地の傷みは進んでいきます。

瓦自体も凍害などで表面が傷むことがありますが、完全に割れない限り心配はありません。

気にしなければならないのは、見た目が問題ないからと何十年もそのままにしておくと

下地の劣化が進んでしまいますので適切な時期にメンテナンスを推進いたします。

気になる事がありましたら、お気軽にお問い合わせください^^


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.04.16

棟の積み直し工事をはじめました。

棟の積み直し工事をはじめました。
  • 棟の積み直し工事をはじめました。
館山支社 相模原本社
建物の種類
戸建て
破損箇所
屋根
施工内容
棟の積み直し

こちらのお客様は

雨漏りするから見てほしいとの
お問い合わせをいただき屋根調査いたしました。

屋根上空(ドローン)と天井裏に上がって調査すると棟から雨漏りしていて

天井板に雨水の落ちた跡がありました。

今回は棟を解体して元の瓦を再利用する積み直し工事をしていきます。

上から順番に棟の瓦を解体していきます。

瓦は再利用するので丁寧に剥がして表面についた土を掃除します。
棟の土はホコリがたたないように袋に小分けにいれて処分します。


丸瓦を解体して漆喰を細く筋状に盛ります。

撥水性のシリコンを練り混ぜた漆喰の「シルガード」を使います。

この漆喰は雨水を弾き防水性が高く硬化するとカチカチに固まり丈夫です。

丸瓦同士を防水性も兼ねてコーキングで固定します。

本日はここまで
引き続き施工していきます。
乞うご期待^^
ご覧いただきありがとうございました。



☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山市、鋸南町、南房総市、君津市、富津市、鴨川市、木更津市、市原市、袖ケ浦市

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!