施工事例

  1. TOP
  2. 施工事例
2019.12.09

波板工事完了

波板工事完了 波板工事完了 波板工事完了 波板工事完了 波板工事完了 波板工事完了
  • 波板工事完了
  • 波板工事完了
  • 波板工事完了
  • 波板工事完了
  • 波板工事完了
  • 波板工事完了
館山支社
施工内容
波板工事
2019.12.06

波板交換完了

波板交換完了 波板交換完了 波板交換完了 波板交換完了 波板交換完了 波板交換完了 波板交換完了
  • 波板交換完了
  • 波板交換完了
  • 波板交換完了
  • 波板交換完了
  • 波板交換完了
  • 波板交換完了
  • 波板交換完了
館山支社
エリア
千葉県鋸南町
建物の種類
木造戸建住宅
破損箇所
軒樋、屋根、破風
施工内容
屋根補修
2019.11.22

雨樋修理

雨樋修理 雨樋修理 雨樋修理 雨樋修理 雨樋修理 雨樋修理 雨樋修理 雨樋修理 雨樋修理 雨樋修理
  • 雨樋修理
  • 雨樋修理
  • 雨樋修理
  • 雨樋修理
  • 雨樋修理
  • 雨樋修理
  • 雨樋修理
  • 雨樋修理
  • 雨樋修理
  • 雨樋修理
相模原本社
破損箇所
雨樋
施工内容
雨樋の点検及び修理

雨どいの点検及び修理に関しての施工を行いました

屋根工事を検討されている方で足場の再利用を兼ねて雨樋の点検をお勧めします

屋根リフォーム.comでは症状に合わせた工事のご提案と何通りかのお見積りをださせて頂き(もちろん見積り無料)お客様とご相談した上で工事を行って行きます。火災保険も適用しています。
気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせください^^

2019.11.21

和瓦からガルテクトへの葺き替え工事

和瓦からガルテクトへの葺き替え工事 和瓦からガルテクトへの葺き替え工事 和瓦からガルテクトへの葺き替え工事 和瓦からガルテクトへの葺き替え工事
  • 和瓦からガルテクトへの葺き替え工事
  • 和瓦からガルテクトへの葺き替え工事
  • 和瓦からガルテクトへの葺き替え工事
  • 和瓦からガルテクトへの葺き替え工事
相模原本社
破損箇所
屋根
施工内容
屋根葺き替え工事
保険
火災保険適用

ガルテクトは1㎡当たり5kg程度と非常に軽量で既存の和瓦の屋根と比較すると約1/10程度の重量になります。
※和瓦は非常に高い耐久性を持った優れた屋根材ですが、耐震性を考慮した場合は軽量な屋根材の方が有利になります。

軒先を一列葺いたら上の段に移り、どんどん葺いていきます。上の段と下の段が挟み込む様に納めていくので、屋根材が一体化していき風にも強い屋根になります。

屋根リフォーム.comでは症状に合わせた工事のご提案と何通りかのお見積りをださせて頂き(もちろん見積り無料)お客様とご相談した上で工事を行って行きます。火災保険も適用しています。
気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせください^^

2019.11.21

タフビーム(縦葺屋根)

タフビーム(縦葺屋根) タフビーム(縦葺屋根) タフビーム(縦葺屋根)
  • タフビーム(縦葺屋根)
  • タフビーム(縦葺屋根)
  • タフビーム(縦葺屋根)
相模原本社
建物の種類
屋根
施工内容
アスファルトシングル屋根へ葺き替え工事
保険
火災保険適用

タフビーム 写真①
タフビーム 写真②
タフビーム 写真③
長い間風雨に耐えてきた屋根にはかなりの痛みが見られていました。(写真①)
側存の屋根材は撤去し、アスファルトシングル屋根へ葺き替え工事を行いました。(写真③)

屋根リフォーム.comでご提案と何通りかのお見積りをださせて頂き(もちろん見積り無料)お客様とご相談した上で工事を行って行きます。火災保険も適用しています。
気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせください^^

2019.11.19

部分交換工事

部分交換工事 部分交換工事 部分交換工事 部分交換工事 部分交換工事 部分交換工事
  • 部分交換工事
  • 部分交換工事
  • 部分交換工事
  • 部分交換工事
  • 部分交換工事
  • 部分交換工事
相模原本社
破損箇所
屋根
施工内容
瓦を数枚ぶん交換・補修

「部分補修」 瓦を数枚ぶん交換・補修
下地部分に問題がないことが分かっており、なおかつ瓦数枚だけが割れていたり欠けていたりする場合は「部分修繕」で修理をします。
瓦のダメージが深刻なときは、問題のある瓦だけを新しい瓦に取り替えれば部分修繕は終了です。
瓦のダメージが特に深刻ではなく、なおかつ瓦が外れないときや既存の瓦と同じ瓦が見つからないときは、瓦修繕用のパテやテープでトラブル部分をカバーします。

屋根リフォーム.comでは症状に合わせた工事のご提案と何通りかのお見積りをださせて頂き(もちろん見積り無料)お客様とご相談した上で工事を行って行きます。火災保険も適用しています。
気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせください^^

2019.11.18

アスファルトシングル屋根へ工事

アスファルトシングル屋根へ工事 アスファルトシングル屋根へ工事 アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
相模原本社
エリア
千葉県鋸南町
建物の種類
木造
破損箇所
屋根
施工内容
アスファルトシングル屋根へ葺き替え工事
保険
火災保険適用

~アスファルトシングル屋根へ~
シングルカバー工法

2019/11/18 アスファルトシングル屋根へ工事 写真①
2019/11/18 アスファルトシングル屋根へ工事 写真② 2
019/11/18 アスファルトシングル屋根へ工事 写真③
長い間風雨に耐えてきた屋根にはかなりの痛みが見られていました。(写真①)
側存の屋根材は撤去し、アスファルトシングル屋根へ葺き替え工事を行いました。(写真③)

屋根リフォーム.comでは症状に合わせた工事のご提案と何通りかのお見積りをださせて頂き(もちろん見積り無料)お客様とご相談した上で工事を行って行きます。火災保険も適用しています。
気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせください^^

2019.11.18

アスファルトシングル屋根へ工事

アスファルトシングル屋根へ工事 アスファルトシングル屋根へ工事 アスファルトシングル屋根へ工事 アスファルトシングル屋根へ工事 アスファルトシングル屋根へ工事 アスファルトシングル屋根へ工事 アスファルトシングル屋根へ工事 アスファルトシングル屋根へ工事 アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
  • アスファルトシングル屋根へ工事
相模原本社
破損箇所
屋根
施工内容
アスファルトシングル屋根へ葺き替え工事
保険
火災保険適用
2019.11.15

新しい棟板金への交換工事

新しい棟板金への交換工事 新しい棟板金への交換工事 新しい棟板金への交換工事 新しい棟板金への交換工事 新しい棟板金への交換工事 新しい棟板金への交換工事 新しい棟板金への交換工事 新しい棟板金への交換工事 新しい棟板金への交換工事
  • 新しい棟板金への交換工事
  • 新しい棟板金への交換工事
  • 新しい棟板金への交換工事
  • 新しい棟板金への交換工事
  • 新しい棟板金への交換工事
  • 新しい棟板金への交換工事
  • 新しい棟板金への交換工事
  • 新しい棟板金への交換工事
  • 新しい棟板金への交換工事
相模原本社
破損箇所
屋根
施工内容
新しい棟板金への交換工事

のされた貫板を撤去し清掃した後、新しい貫板を取り付けます。その上から板金を設置しますが、板金の接合部にはコーキング処理を行い雨水が浸入しないようにしておきます。

板金の側面からステンレスのビスを打って固定すれば棟板金交換工事は完了です。 今回被害をうけなかった棟板金も釘でうち、さらに接着剤で補強しまし、今までよりも強い棟板金になりました。
また、屋根の状態だけでなくお住まいを全体的に点検して、被害を受けていないかもチェックしておりますので安心してお過ごしいただけるでしょう。 ではお住まいの点検や、工事にかかる費用のお見積りも無料ですので、台風後などに特別問題を感じていなくともお気軽に無料点検をご利用ください。

屋根リフォーム.comでは症状に合わせた工事のご提案と何通りかのお見積りをださせて頂き(もちろん見積り無料)お客様とご相談した上で工事を行って行きます。火災保険も適用しています。
気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせください^^

2019.11.13

台風による破損で保険対応屋根工事

台風による破損で保険対応屋根工事 台風による破損で保険対応屋根工事
  • 台風による破損で保険対応屋根工事
  • 台風による破損で保険対応屋根工事
相模原本社
建物の種類
築年数 40年
破損箇所
屋根の一部
施工内容
瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事
施工期間
保険適用

~点検~
台風による破損で保険対応屋根工事 写真① 台風による破損で保険対応屋根工事 写真②
台風の影響により瓦の倒壊と屋根の一部が破損してしまったお客様です。
築年数が40年近く経っておられるとの事です。
瓦は地瓦になっていました、地瓦とは作られている場所が産地に近い場所で、三州瓦などの様に有名ではないのですが、地域の風土に合った瓦などとして、使われることが多くありました。
釉薬を塗り焼き上げるのではないので、表面には光沢が無い事が見極める一つの要因でもあります。

今回は台風の影響で崩れ降りてしまっています。
特に万党の風により煽られた瓦が破損してしまっています。
ケラバ側の瓦は一枚一枚が釘により固定されていますので、飛散しにくい物となっていますが、屋根下地野経年劣化により釘が抜けてしまった模様です。

この度も、瓦を剥ぎ、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事を行う事となりました。

①既存の瓦を全て撤去していきます。
②既存の野地板の上に新しい野地板を張ります。
③雨漏りの防止のため野地板の上にアスファルトルーフィング(防水紙)を張ります。(写真②)

ここまでが、金属屋根の張るための下地で、この防水紙の上に新しい金属屋根を張っていきます。

屋根リフォーム.comでは症状に合わせた工事のご提案と何通りかのお見積りをださせて頂き(もちろん見積り無料)お客様とご相談した上で工事を行って行きます。火災保険も適用しています。
気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせください^^

お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山市、鋸南町、南房総市、君津市、富津市、鴨川市、木更津市、市原市、袖ケ浦市

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!