施工事例

  1. TOP
  2. 施工事例
2020.03.09

棟板金工事!!

2020.03.06

棟板金の工事はとっても大事!!

棟板金の工事はとっても大事!! 棟板金の工事はとっても大事!!
  • 棟板金の工事はとっても大事!!
  • 棟板金の工事はとっても大事!!
館山支社 相模原本社
エリア
千葉県 神奈川県
建物の種類
屋根
破損箇所
屋根棟
施工内容
棟板金の工事
施工期間
2日
棟板金の工事はとっても大事!!


棟板金が浮いていたり、剥がれてしまっていたりしている状態を

そのまま気が付かずに放置していると様々な危険性があります!


よく「屋根が飛ぶ!!」というような話を聞いたことがあると思いますが

屋根が全部飛んでいってしまうという事ではなく、この板金の部分が飛んでいってしまう!という事と考えて頂ければ良いと思います。

屋根全部が綺麗に飛んでいってしまうことは物理的に有り得ません。

棟が飛んでしまう原因として、スレート屋根の場合は釘の抜けや下地となる中の木が傷んでしまっている状態で、突風に煽られてしまい飛んでしまうというケースが多いのです。


屋根が飛散することによって一番危険な事は、近くにいる人に当たってしまったり、走行中の車に当たってしまったり隣近所の家にぶつかってしまう等の『接触事故』です。

住宅の工事が!という話ではなく大きな事故になってしまい、当たり所が悪ければ大怪我してしまうことも可能性としては十分にあります。

そういったリスクから回避するためにも、早い段階で修理することが重要です!


次に起こる可能性がある症状は『雨漏り』です。

棟板金が剥がれや浮いてしまっていると当然、中の下地となる木はむき出しになり、雨が降ると直接水を吸ってしまいます。

ですが、剥がれや浮いてしまってからすぐに雨漏りするわけではありません。

屋根の全体を覆っている屋根材の内部には、ルーフィングと呼ばれる防水シートが全面に敷かれています。

ルーフィングは、板金の下にも敷かれており、下地の木が水を吸っても防水シートが最初はしっかりと守ってくれているんです。


しかし、その防水シートが水を吸って、乾いて、吸って、乾いてを繰り返していると、劣化がその間にも進み、どこかのタイミングで破けてしまうのです。

その状態で雨が降ったら、入り込んでしまった雨水が全て家の中に入ってきてしまうのです!

住宅の損害に関しては1番怖い状態なので、やはり『早期発見早期修繕』がとても重要です。



〇屋根の棟の交換手順


1.既存の棟板金下地を撤去

まずは元々設置してある板金を剥がす作業から行います。

次に設置してある既存の下地(貫板)を剥がします

釘で止まっているので、一つずつしっかりと外していきます。

2.新規の下地設置

新規の下地を設置する前に。まずはサイズに合わせて加工する必要があります。

しっかりと屋根に下地が固定されるようにビスで綺麗に打ち込んでいきます。

3.既存or新規の板金を設置

最後に棟の板金を交換する場合には新規の棟板金を、既存の棟板金をそのまま使用するのであれば既存の棟板金を設置していきます。

この作業は、屋根に対して隙間無く設置しなければ、隙間が出来てしまい雨水が入り込んでしまい雨漏りに繋がってしまいますので、とても重要な作業になります。

さらに、棟の板金と板金が接合する部分が発生する屋根の形状の場合にはシーリングで雨水の浸入を防ぎます。

シーリングは様々な箇所で活躍しており、非常に重要な役割を担っているんです。




☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。


気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事、雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社…相模原市、町田市、八王子市、座間市、大和市、海老名市、近隣地域
館山支社……館山、南房総、鋸南町、君津市、富津市、鴨川市、近隣地域
※東京・神奈川はどこでも行きます!!                    

 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.03.05

千葉県で解体工事のご依頼いただきました(仮設工事を含む)

千葉県で解体工事のご依頼いただきました(仮設工事を含む) 千葉県で解体工事のご依頼いただきました(仮設工事を含む)
  • 千葉県で解体工事のご依頼いただきました(仮設工事を含む)
  • 千葉県で解体工事のご依頼いただきました(仮設工事を含む)
館山支社
エリア
千葉県
建物の種類
戸建て
破損箇所
建物全体
施工内容
解体工事
千葉県で解体工事のご依頼いただきました(仮設工事を含む)


解体工事の進み方(仮設工事を含む)

建物を調査し、ご依頼の方と日程と工程を確認!!


☆工事をはじめる前に近隣への迷惑は避けられないため、挨拶にいきます!


養生シートを設置して、足場を設置します。

内部から解体していき、住宅街で敷地がないため手壊しにて解体となります!


そして解体工事は建物を取り壊して終わりではなく、法律に定められた通りに、廃材を処分して、整地した後、解体工事は終了となります。



解体工事が終わったあとの作業について

*ご依頼主様の注意事項

建物の解体が終わったら、建物滅失登記が1か月以内に必要です。

これを行わなかった場合、土地を売ろうとしたときに売れないだけでなく、固定資産税が課税されてしまうおそれがありますので要注意です。

無駄な費用が、かからない様にするためにもしっかりと申請は済ませて置きましょう。





☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。


気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事、雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社…相模原市、町田市、八王子市、座間市、大和市、海老名市、近隣地域
館山支社……館山、南房総、鋸南町、君津市、富津市、鴨川市、近隣地域
※東京・神奈川はどこでも行きます!!                    

 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.03.04

アスファルトシングル屋根へ 葺き替え工事(屋根工事)

アスファルトシングル屋根へ  葺き替え工事(屋根工事)
  • アスファルトシングル屋根へ  葺き替え工事(屋根工事)
館山支社 相模原本社
建物の種類
屋根
破損箇所
施工内容
葺き替え工事
瓦屋根から

アスファルトシングル屋根へ

葺き替え工事(屋根工事)

神奈川県の本社から仮設工事を行いに伺い

千葉県の館山支店にて屋根工事をさせていただきました。

~屋根工事の様子~

瓦おろしの後

新しい野地板の上に、新しい防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

防水紙(ルーフィング)を貼った屋根にアスファルトシングル屋根を設置しました。


ブログの中で屋根材についてよくご紹介していますが

簡単に今回使用した

アスファルトシングルの5つの特徴のご紹介です^^

1.防水性に優れている

2.防音性が高く雨音が気にならない

3.加工・施工しやすい

4.軽量のため耐震性がある

5.リフォーム価格が安い

詳しくは、ブログを参照くださいませ。


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。


気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事、雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社…相模原市、町田市、八王子市、座間市、大和市、海老名市、近隣地域
館山支社……館山、南房総、鋸南町、君津市、富津市、鴨川市、近隣地域
※東京・神奈川はどこでも行きます!!                    

 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.03.03

ガルテクトへの葺き替え工事

ガルテクトへの葺き替え工事 ガルテクトへの葺き替え工事
  • ガルテクトへの葺き替え工事
  • ガルテクトへの葺き替え工事
館山支社
エリア
千葉県
建物の種類
屋根
破損箇所
屋根瓦
施工内容
屋根葺き替え工事

記念撮影

台風被害に遭われた瓦屋根のお宅の屋根を

ガルテクトへの葺き替え工事を行っています。

瓦おろしの後

新しい野地板の上に、新しい防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。

防水紙(ルーフィング)を貼った屋根にガルテクトを設置しました。

ガルテクトは、ガルバリウム鋼板を使用した屋根材で、屋根材の中では最も軽量です。

一般の瓦と比べると、約1/10の重量です。

軽量な屋根材を使用することで、建物への負担を軽減し、耐震性にも優れています。

棟部分には棟板金を設置します。

棟板金とは、屋根の頂点にある板金のことで、屋根の内部に雨水が入らないように被さっています。

棟板金を設置することで棟からの雨水の侵入を防ぎます。

棟板金も屋根材と同じガルバリウム鋼板を使用しているので、錆びにくく丈夫です。


屋根材も敷き詰め、棟板金を設置し完工です!!

工事完了時、お客様から記念撮影を取りたいと言って頂き

撮らせて頂きました!!(写真②)

☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。


気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事、雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社…相模原市、町田市、八王子市、座間市、大和市、海老名市、近隣地域
館山支社……館山、南房総、鋸南町、君津市、富津市、鴨川市、近隣地域
※東京・神奈川はどこでも行きます!!                    

 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.03.03

瓦おろし施工の様子

瓦おろし施工の様子 瓦おろし施工の様子
  • 瓦おろし施工の様子
  • 瓦おろし施工の様子
相模原本社
エリア
神奈川県 千葉県
施工内容
瓦おろし
本日は、連日の瓦おろし施工の様子のご紹介です!!

まずは瓦を一枚一枚撤去していきます。


めくっては重ねてを繰り返し、ある程度まとまったら手作業で昇降機で地上に下ろします。

弊社は連日、瓦おろしを施工しているため、弊社の職人さんは達人なみに早いです!!短時間でめくり終わります。

ただし、昇降機で下ろす以外は全て人力ですので、とても労力を使います。

気を抜いていると屋根から落としてしまう事もある為に撤去作業は慎重に行っています!!
 

 
瓦屋根には大量の土や粘土が使われている為、撤去作業時にはかなりの埃や土などの汚れやゴミが出ますので、適宜清掃を行いながら進めていきます!

ほぼめくり終えた所ですが(写真)どんな屋根材の下にも敷かれている防水紙が破れている箇所がほとんどです。

屋根材が飛散したり破損したとしても防水紙がしっかりとしていれば雨漏りはしませんが、防水紙が経年劣化や傷んでしまうと雨漏りに繋がります。

良く点検し

瓦おろしの後は

野地板⇒防水紙⇒屋根材を敷いていきます。

☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。


気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事、雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社…相模原市、町田市、八王子市、座間市、大和市、海老名市、近隣地域
館山支社……館山、南房総、鋸南町、君津市、富津市、鴨川市、近隣地域
※東京・神奈川はどこでも行きます!!                    

 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.02.26

波板部分の交換工事

波板部分の交換工事 波板部分の交換工事
  • 波板部分の交換工事
  • 波板部分の交換工事
館山支社
エリア
千葉県
建物の種類
屋根
破損箇所
波板トタン
施工内容
波板交換工事
施工期間
1日
本日は、波板部分の交換工事を行いました。

波板は劣化と剝がれがあったため、破損の波板を全て取り外しました。


◎トタン波板からポリカ波板へ交換開始です!

波板専用の穴開け機を使用し取付を行っていきます。

穴を開けましたらフックと呼ばれる固定金物にて取付を行って行きます。

取付のポイントは波板の山になっているところに取付をしないと雨漏りの原因となります。

取付フックを穴を開けた波板に差し込み奥の引っ掛け部分に固定します。

波板の交換工事完工です。




☆波板の基本情報

ポリカ波板(タキロン)は変色したり割れたします。

トタン波板は錆が発生します。

それまで何も生じなかった位置に水たまりができるようになった場合は

波板に何らかの異常が発生している恐れがあり 波板張替・修理の時期と考えて良いでしょう。

昔からカーポートやテラスの屋根材として使われているのがポリカ波板です。

でも、10年 20年と経っていくうちに段々ボロボロに割れてきますよね。

2階から落ちた雪が波板を破壊したり、台風でポリカ波板が 吹き飛んだりします。


心配なことや気になることがありましたら、いつでも弊社へご相談ください^^






☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。


気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事、雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社…相模原市、町田市、八王子市、座間市、大和市、海老名市、近隣地域
館山支社……館山、南房総、鋸南町、君津市、富津市、鴨川市、近隣地域
※東京・神奈川はどこでも行きます!!                    

 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.02.25

オシャレな屋根材「リッジウェイ」

オシャレな屋根材「リッジウェイ」 オシャレな屋根材「リッジウェイ」
  • オシャレな屋根材「リッジウェイ」
  • オシャレな屋根材「リッジウェイ」
館山支社
エリア
千葉県
建物の種類
屋根
破損箇所
屋根瓦
施工内容
屋根葺き替え工事
柔らかな陰影が魅力がとってもオシャレな屋根材「リッジウェイ」
 表面の粒状彩色石の柔らかな風合い、ランダムなカラーが作り出す自然なグラデーション、それらが奏でる独特の立体感。
 近年、一般的なお住まいにおいても人気が高まっている屋根材がアスファルトシングルです。その中でも屋根リフォーム.comのお勧めする一つがリッジウェイです。洋風のお住まいによく似合う素敵な屋根材です。日本ではあまり使われていませんが、アメリカでは80%以上の住宅にアスファルトシングルが使われています。



今回のお客様は
瓦屋根からアスファルトシングルのリッジウェイへのの色は
ヴィンテージグリーンを選んで頂きました!
 深みのあるグリーンが風景や自然との調和を促します。カラーバリエーションの中では最も濃淡が映えるように見える色です。
 こちらも黒っぽいグリーンから新緑のグリーンまで様々な色の変化を楽しめます。



☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。


気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事、雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社…相模原市、町田市、八王子市、座間市、大和市、海老名市、近隣地域
館山支社……館山、南房総、鋸南町、君津市、富津市、鴨川市、近隣地域
※東京・神奈川はどこでも行きます!!                    

 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.02.18

千葉県南房総市にてコロニアル補修(屋根工事)

千葉県南房総市にてコロニアル補修(屋根工事) 千葉県南房総市にてコロニアル補修(屋根工事)
  • 千葉県南房総市にてコロニアル補修(屋根工事)
  • 千葉県南房総市にてコロニアル補修(屋根工事)
館山支社
エリア
千葉県南房総市
建物の種類
屋根
破損箇所
屋根
施工内容
コロニアル補修
施工期間
6日間
保険
火災保険
千葉県南房総市にて

コロニアル補修(屋根工事)

~施工前点検~

コロニアル(スレート・カラーベスト)屋根の半数が割れて剝がれてしまっています。(ビフォー)
また、棟板も外れている状態です。

コロニアル(スレート・カラーベスト)屋根は屋根材の重なっている部分が多く

一部が割れても雨漏りしにくい構造になっていますので、破損部分補修工事をご提案させていただきました。


~工事着工~

コロニアル補修工事(アフター)

割れてしまったコロニアルを補修し隙間なく、シーリングで下地に接着し、コロニアルを敷いていきます。
棟板棟カバーを設置して完工となります。





☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。


気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事、雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社…相模原市、町田市、八王子市、座間市、大和市、海老名市、近隣地域
館山支社……館山、南房総、鋸南町、君津市、富津市、鴨川市、近隣地域
※東京・神奈川はどこでも行きます!!                    

 相模原・町田方面24時間対応中!!
2020.02.18

千葉県南房総市にて 破風板金補修(屋根工事)

千葉県南房総市にて

破風板金補修(屋根工事)


~施工前点検~

破風板が強風の影響で、剝がれてしまっています。

残せる部分は極力温存して、剝がれた板金補修のご提案をさせて頂きました。


~工事着工~

破風板金補修工事

新しく破風板を釘でうち補修し、釘が出ている部分を補修いたしました。

補修材が強固し、強風にも耐える破風板金となりました。


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。


気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事、雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社…相模原市、町田市、八王子市、座間市、大和市、海老名市、近隣地域
館山支社……館山、南房総、鋸南町、君津市、富津市、鴨川市、近隣地域
※東京・神奈川はどこでも行きます!!                    

 相模原・町田方面24時間対応中!!
お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山市、鋸南町、南房総市、君津市、富津市、鴨川市、木更津市、市原市、袖ケ浦市

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!