屋根リフォーム.com ブログ

  1. TOP
  2. 屋根リフォーム.com ブログ
  3. 千葉県館山市川名 瓦部分補修、軒天井交換 のご提案。
2020.01.30

千葉県館山市川名 瓦部分補修、軒天井交換 のご提案。

千葉県館山市川名 瓦部分補修、軒天井交換 のご提案。 千葉県館山市川名 瓦部分補修、軒天井交換 のご提案。
  • 千葉県館山市川名 瓦部分補修、軒天井交換 のご提案。
  • 千葉県館山市川名 瓦部分補修、軒天井交換 のご提案。
千葉県館山市川名 瓦部分補修、軒天井交換 のご提案。

~現場調査と結果~

台風の影響により、瓦が部分的に破損しています。
こちらの瓦部分の補修をご提案。

又、屋根の裏側
軒の天位が剥がれや欠落があり、腐食が進んでいる様子です。
屋根の奥まで傷んでいる状態で、手で触ると軒天が少し崩れます。
そのまま放置しておくと、家屋自体の強度低下やそもそもの軒天の役割を果たせない状態となっていきます。
こちらの部分は交換をご提案致します。

ここで調査した軒天ですが、参考までにご説明させて頂きます。


【軒天とは】

軒天とは、家屋・住宅の外壁から外側に伸びている屋根の裏側(真下)部分にある天井のことを指します。
破風板、雨樋、鼻隠し等と同じく付帯部分に属しており、外壁や屋根以外の箇所として塗装の際は分けて考えられます。
外壁の外側で天井からはみだして突き出ている部位を「軒」と言い、その裏側が「軒」の天井ということで「軒天」という呼び名がついたようです。

軒天の別名称
軒天は別名、「軒天ボード」「軒裏(のきうら)」「軒先(のきさき)」「上げ裏(あげうら)」「軒天井(のきてんじょう)」「軒裏天井(のきうらてんじょう)」とも呼ばれることがあります。


【軒天の主な役割は3つあります。】
1.外観の美しさ
軒天がない場合、下からのぞくと屋根裏の野地板や垂木が丸見えになり、非常に見栄えが悪くなってしまいます。そのため軒天が張られるのです。

2.燃え広がりを防ぐ
軒天がない場合、もし火事で窓から火の手が上がったときに屋根裏まで炎が一気に広がり、あっという間に屋根が燃え尽き焼け落ちてしまいます。

3屋根裏換気
軒天に有孔板(有孔ボード)を使用したり、軒裏換気口を設置したりすることで、屋根裏の内部結露を防ぐことが可能です。
表面に多数の穴が開いた有孔タイプのものを使用すれば、屋根裏に溜まった湿気を外部に排出することができます。
有孔板(有孔ボード)は、板の一部に穴が開いているタイプと全面に穴が開いているタイプの2つがあります。
防火有孔板は、通気のみならず、防火の役割も果たす、一部に穴が開いているタイプです。全面に穴が開いているタイプは全面有孔板と呼ばれています。

大切な役割りを持っている軒天、弊社では点検時には必ず状態の確認をいたします。




☆屋根リフォーム.comでは屋根の症状に合わせた工事
【弊社自慢の足場にて】のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

火災保険も適応致します。

気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^
お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山市、鋸南町、南房総市、君津市、富津市、鴨川市、木更津市、市原市、袖ケ浦市

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!