屋根リフォーム.com ブログ

  1. TOP
  2. 屋根リフォーム.com ブログ
  3. 屋根:新築住宅の瓦固定を義務化
2020.12.01

屋根:新築住宅の瓦固定を義務化

屋根:新築住宅の瓦固定を義務化
  • 屋根:新築住宅の瓦固定を義務化
皆さま、こんにちは。
 
 
今回は、【新築住宅の瓦固定を義務化】
についてお知らせいたします。
 
令和2年7月13日に国土交通省より公表された
令和元年房総半島台風(第15号)において
住宅の屋根瓦等に大きな被害が発生した
ことを受け、屋根葺材の被害状況の
調査と分析が行われ、被害のあった
屋根の8割は瓦屋根だった事が分かりました。
 
◇*◇強風対策の方向性◇*◇
 
①新築建築物における
 適切な瓦の緊結の確保
 
 • 瓦屋根の新築時には
  【ガイドライン工法(※)】の採用を
  徹底すべきである。
 • 既存建築物の増改築時の
  取り扱いについては
  改修工事の推進を阻害しないよう
  検討すべきである。
 
②沿岸部向けの耐風性能の高い緊結方法
 の検討
 
 • 沿岸部の建築物の瓦屋根に採用する
  ことが望ましい耐風性能の高い緊結
  方法については、試験等により検討
  を進めるべきである。
 
③既存建築物の屋根ふき材の改修の促進
 
 • ガイドライン工法に適合しない
  既存建築物の屋根ふき材の耐風性能を
  向上させるため、屋根ふき材の改修を
  促進すべきである。
 
④屋根ふき材の耐風性能の見える化の推進
 
• 上記の対策を踏まえて
 住宅性能表示制度の活用等により
 屋根ふき材の耐風性能の見える化を
 推進すべきである。
 
※【ガイドライン工法】とは
 
独立行政法人建築研究所や
社団法人全日本瓦工業連盟などの
業界団体が定めた新しい瓦の施工基準です。
 
国土交通省の建築基準法の告示基準を
上回るガイドラインを策定しています。

kijun.jpg
 
 
これを受けて国土交通省は
台風などによる屋根瓦の飛散や落下を
防ぐため新築住宅を対象に
「全ての瓦の固定を義務化する方針」を
固めたそうです。
 
22年1月1日に施行する予定。
 
今回の法改正では新築のみが
義務化の方向です。
 
 
少しでも気になる事がありましたら
是非、お気軽にご相談ください!

☆屋根リフォーム.comでは
 
【自慢の自社足場にて】
 
屋根の症状に合わせた工事のご提案と
 
何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)
 
お客様とご相談した上で工事を
行って参ります。
 
また、屋根調査にドローンを
活用しているため
 
ドローン画像で一緒に確認しながら
今後の補修計画を立てていただけます。
 
屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^
 
フリーダイヤル 0120-773-743
 
屋根工事、樋工事、板金工事
仮設工事、屋根雨漏り修理なら
 
屋根リフォーム.com
  
<対応エリア>
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山市、鋸南町、南房総市、君津市、富津市、鴨川市、木更津市、市原市、袖ケ浦市

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!