屋根リフォーム.com ブログ
施工事例

  1. TOP
  2. 屋根リフォーム.com ブログ
  3. 施工事例
  4. 屋根:棟補修工事・のし瓦🏡✨
2020.11.27

屋根:棟補修工事・のし瓦🏡✨

屋根:棟補修工事・のし瓦🏡✨
  • 屋根:棟補修工事・のし瓦🏡✨
施工内容
屋根:棟補修工事・のし瓦🏡✨
皆さま、こんにちは。
 
木更津市東太田での
棟補修工事の現場からです。
 
今回はのし瓦についてご紹介いたします。
 
◇*◇のし瓦とは◇*◇
 
屋根の頂上部分に設置する
短冊形の瓦のことです。
のし瓦は、その継ぎ目から雨水が
浸入しやすいため、そこに漆喰等を
塗り込みながら継ぎ目位置をずらして
数段に積み上げて施工します。
 
段数が多いほど屋根下地への
雨水の浸入をより防げます。
漢字では「熨斗瓦」と書きます。
のし瓦の上に積むカマボコ型の冠瓦と
合わせて、棟瓦(むねがわら)と
呼ばれています。
 
のし瓦は簡単に言うと
1枚ののし瓦を2つに割ったものを
芯材を挟んで左右に積んでいきます。
 
1枚を2枚に割って使うため
裏面に割りやすいよう細い溝があります。
 
 
◇*◇のし瓦の役割◇*◇
 
🔵雨漏り防止
 
のし瓦は、屋根の頂上部に施工されます。
その頂上部を棟(むね)といいますが
その棟は、屋根面が鋭角に結合している
部分です。
 
そのため、どうしても面で雨漏り
を防止することができないので
のし瓦を上から載せることで
棟への雨水を屋根面に流し、棟下地に
雨水が浸入することを防止しています。
 
🔵デザイン性の向上
 
のし瓦を載せる棟は
屋根の目立つ所なので意匠性を考慮して
のし瓦の種類や装飾、高さ、段数を
決められることが多いです。
 
段数は多ければ多いほどデザイン性が
高まり、豪華絢爛に見えますが
高くなる分だけ風の影響を
受けやすくなりますので
施工には高度な技術が必要になります。
のし瓦の段数で格式を表現していた
時代もあったそうです。
 
◇*◇施工工程◇*◇

nosi.jpg
 
・芯材を棟木又は下地の棟部に
 所定の間隔で固定します。
 
・のし瓦の一断面を積んでいきます。
 葺土を敷いて、左右にのし瓦を
 積み上げながら、のし瓦の左右を
 緊結用線で緊結します。
 
 1枚1枚が平らな様に見えますが
 実際は湾曲しています。
 一番外側の位置と、横から見た時の
 角度が重要になります。
 広げすぎたり角度が内側に
 向いてしまうと雨水を呼び込んで
 しまう事になりますので
 微妙な調整を行い施工します。
 
・1段積んだ上に少し内側に
 2段目ののし瓦を積んでいきます。
 
 今回はのし瓦を4段積み上げますので
 同じ行程を繰り返します。
 
・最上段ののし瓦の上に
 冠瓦幅の葺き土を置き冠瓦を乗せ
 ネジ等で留めていきます。
 全部ののし瓦を緊結線で留めて終了です。
 
 
弊社では、お客様により安心して
いただくため
・工事施工保証書
・工事完了証明書
・工事施工台帳
を工事完了時にお渡しさせて
いただいております。
また、半年に1度を目安に
アフターフォローにも伺わせて
いただいております。
 
少しでも気になる事がありましたら
是非、お気軽にご相談ください!



☆屋根リフォーム.comでは
 
【自慢の自社足場にて】
 
屋根の症状に合わせた工事のご提案と
 
何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)
 
お客様とご相談した上で工事を
行って参ります。
 
また、屋根調査にドローンを
活用しているため
 
ドローン画像で一緒に確認しながら
今後の補修計画を立てていただけます。
 
屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^
 
フリーダイヤル 0120-773-743
 
屋根工事、樋工事、板金工事
仮設工事、屋根雨漏り修理なら
 
屋根リフォーム.com
  
<対応エリア>
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山市、鋸南町、南房総市、君津市、富津市、鴨川市、木更津市、市原市、袖ケ浦市

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!