屋根リフォーム.com ブログ
施工事例

  1. TOP
  2. 屋根リフォーム.com ブログ
  3. 施工事例
  4. 屋根:垂木取り付け🔧✨
2020.08.26

屋根:垂木取り付け🔧✨

屋根:垂木取り付け🔧✨
  • 屋根:垂木取り付け🔧✨
施工内容
垂木取り付け🔧✨
皆さま、こんにちは。
 
今回は屋根工事の現場からです。
 
今回の現場では、屋根材を剥がした
ところ、垂木のない構造でした。
屋根を支えるには不十分ですので
垂木を取付けました。
 
屋根材とは違い垂木などの構造は
表には出ない部分ですので
なかなか見る機会もないと思います。
屋根の斜面を支えるとても重要な
役割を担っている部分です!
 
◇*◇ 屋根の構造 ◇*◇

koyakumi.jpg
 
屋根の構造のことを
小屋組(こやぐみ)と言います。
屋根を支えるための骨組み部分
の事です。
 
小屋組みの一番上になる部分を
棟木(むなぎ)と言います。
新築工事で行う
上棟式(じょうとうしき)は
この棟木を取り付ける儀礼の事です
 
棟木(むなぎ)に平行して
配される母屋(もや)で
垂木を支えています。


◇*◇ 垂木とは ◇*◇
 
頂上の棟木から垂らすように
斜めに取り付けられているから
「垂木」と呼ばれるそうです。
 
屋根の野地板の下には垂木と
その下に母屋(もや)と呼ばれる
部分があります。
母屋は地面に対して水平に
取り付けられた木材で
この母屋に対して垂直に
屋根の傾斜に沿って上から下へ
流れて取り付けられるのが垂木です。
 
 
屋根の構成として、外側から
 
屋根材
 ↓
防水シート
 ↓
野地板
 ↓
 垂木
 
となっており垂木は
野地板・防水紙・屋根材が
固定されているところで
屋根面の荷重を支える役割が
あります。
屋根の「縁の下の力持ち」として
屋根を支えてくれている部位となり
とても重要部分になります。
 
屋根に問題がなければ
傷むことはないのですが
雨漏りなどが続きますと
野地板などと一緒にダメージを
受け、腐食することもあります。
 
重い瓦から軽い金属屋根
軒の出の長短、屋根の重さによって
垂木のサイズを使い分ける
という特徴もあります。
 
一般的には約45cm間隔で設置を
しています。
屋根材の固定などもこの垂木に
合わせて釘を打てば
屋根の強度向上に繋がったり
雨漏りの可能性が少なくなります。
 
少しでも気になる事がありましたら
是非、ご相談ください!
 
 




☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。

また、屋根調査にドローンを活用しているため

ドローン画像で一緒に確認しながら今後の補修計画を立てられます。

屋根工事費用、屋根改修費用等
気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事
屋根雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
 相模原市、町田市、八王子市
 座間市、大和市、海老名市
 近隣地域
館山支社】 
 館山市、南房総市、鋸南町
 君津市、富津市、鴨川市
 木更津市、市原市、袖ヶ浦市 近隣地域
 
※東京・神奈川はどこでも伺います!!
 
 相模原・町田方面24時間対応中!!
お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山市、鋸南町、南房総市、君津市、富津市、鴨川市、木更津市、市原市、袖ケ浦市

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!