屋根リフォーム.com ブログ

  1. TOP
  2. 屋根リフォーム.com ブログ
  3. 【新型コロナは乾燥に弱いそうです】
2020.04.10

【新型コロナは乾燥に弱いそうです】

皆様こんにちは

日々コロナコロナと心配は堪えませんね。。。

風邪の季節も終わりを迎えるなか、コロナはまだいるの?!

毎日ニュースをみていて、気になるものがあったので

掲載させて頂きます。


【新型コロナは乾燥に弱い】

以前、新型コロナは湿度に弱いとの報告書が出たというニュースをみましたが

今度は乾燥に弱く、湿度が高い方が感染が拡大するという考察が出たそうです。

確かに東南アジアや暖かい国でも場所を選ばず世界的に蔓延している状況を見ますと

湿度が高い場所で広がる新型コロナの特徴が考えられます。

日本はこれから湿度が高くなる季節ですので却って要注意です。

感染者が急増しているのも関係があるかもしれません。

飛沫による感染では2m以上距離を空ければ乾燥して感染しないと言われますが

湿気がある所では飛沫が乾燥せずエアゾル化したウイルスが漂い続け

数分から30分程度、感染性を保持し、感染が拡大するという事です。

また痰などでは表面が乾いていても内部ではウイルスが生き続けるとも。

またウイルスで汚染された部屋を掃除した雑巾を使い廻して他の部屋に汚染を広げた事例もあり

濡れた状態の湿度の高い状態ではウイルスが生き続ける危険性が指摘されます。

逆に良く乾燥させればウイルスは死滅するという事になります。

特に冬はよく乾燥するので喉にとっては、ある程度湿度を保つ必要がありますが

余り湿度を上げすぎると新型コロナの感染がし易くなる危険があります。

密室では空調が3時間止まった飛行機の中で1人の患者から37名が感染した事例もあるそうです。

2009年の新型インフルエンザ流行では、「カラオケ」で多くの感染が発生したという。

湿気が多い空間・密室では換気や除湿を心がけ、飛沫が乾燥しやすいよう人と人の距離を2mに保つ事で感染回避の可能性が高まります。

まだまだ新型コロナでは分からない事が多く情報も混乱する場合もありますので、常に最新の情報を得ていく事が大切です。

皆様においても正しい社会距離戦略をとってお気をつけてお過ごし下さい。



弊社での取り組み
↓↓↓


https://yaneya-reform.com/view/166
お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山市、鋸南町、南房総市、君津市、富津市、鴨川市、木更津市、市原市、袖ケ浦市

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!