屋根リフォーム.com ブログ
施工事例

  1. TOP
  2. 屋根リフォーム.com ブログ
  3. 施工事例
  4. ◎手壊し(てこわし)解体について
2020.03.17

◎手壊し(てこわし)解体について

◎手壊し(てこわし)解体について ◎手壊し(てこわし)解体について ◎手壊し(てこわし)解体について
  • ◎手壊し(てこわし)解体について
  • ◎手壊し(てこわし)解体について
  • ◎手壊し(てこわし)解体について
館山支社
エリア
千葉県
建物の種類
戸建て
破損箇所
建物全体
施工内容
解体工事
今回の施工しております解体工事では

道路幅が狭く、建物のある敷地内に重機を設置するスペースが無い場合には、手こわし解体を行うしかなかったため



◎手壊し(てこわし)解体についてご説明させていただきます。


手壊し解体とは、重機を使わずに人力で建物を解体する工法のことを指します。

その為、現在は手壊しと重機を併用した「重機併用手こわし工法」が主流となっています。


●手壊し解体のメリット・デメリット


解体工事とは、何も重機を用いて工事を行うものを指すだけではありません。

手こわし工法といって、人力だけで建物を解体するものもあります。

実はほとんどの場合に、この手こわし解体は実施されています。

実は、重機のみを使用して全てまとめて解体してしまう「ミンチ解体」と呼ばれる工法は

いま現在、建設リサイクル法によって禁止されているのです。


その為、ある程度は、重機を使わずに手で作業を行う必要があります。

※写真を参照ください!!(手こわし解体)

重機などを使用せずに、手作業で建築物を解体していきます。

建物を建てるときとは、真逆の作業を行っていくわけです。


手こわし解体では、騒音・振動を発生させることなく工事ができますし

建設リサイクル法による分別解体も問題無く実施することができます。

ただし手間がかかる為、工事に必要な期間は長く、その分コストも上がってしまいます。

その為この手こわし解体が行われるのは、建物周辺の環境、例えば道路幅の関係などで重機や工事車両の導入が困難な場合がほとんどです。

現在の主流は「重機併用手こわし工法」

手こわし解体と重機による解体を組み合わせた「重機併用手こわし工法」という方法が、実は多くの解体工事で用いられています。

今回の様に道路幅が狭く、建物のある敷地内に重機を設置するスペースが無い場合には、手こわし解体を行うしかありませんが

作業を行っていく過程で設置スペースが生まれれば、途中から重機を導入して解体を継続することができます。

当然、手こわしのみで進めるよりも短い期間で解体が可能になり、費用も下げることができます。

このような手こわしと重機を組み合わせた方法が、実は最も一般的な工法なのです。

双方のメリットを活かし、振動・騒音の軽減によって、近隣への迷惑も極力減らすことができます。

解体する側も短い期間で工事を終えることができますので状況と調査をお伝えして工事内容を決めていきます。


☆屋根リフォーム.comでは

【自慢の自社足場にて】

屋根の症状に合わせた工事のご提案と

何通りかのお見積りをださせて頂き
(もちろん見積り無料)

お客様とご相談した上で工事を行って行きます。


気になる事がありましたら
お気軽にお問い合わせください^^

フリーダイヤル 0120-773-743

屋根工事、樋工事、板金工事、仮設工事、雨漏り修理なら

屋根リフォーム.com


<対応エリア>
相模原本社…相模原市、町田市、八王子市、座間市、大和市、海老名市、近隣地域
館山支社……館山、南房総、鋸南町、君津市、富津市、鴨川市、近隣地域
※東京・神奈川はどこでも行きます!!                    

 相模原・町田方面24時間対応中!!
お電話でのご相談はこちらから!

<対応エリア>
館山市、鋸南町、南房総市、君津市、富津市、鴨川市、木更津市、市原市、袖ケ浦市

  • お見積り無料!
  • 365日24時間受付中!